予防の仕方について


脊柱管狭窄症はどのように予防するべきですか?という疑問を持つ方は多いようです。まず脊柱管狭窄症はすべり症から進行するケースも多いようですが、すべり症は過度のスポーツなどによる疲労骨折、腰椎の分離症が原因となる場合が多くありますので、とくに成長期に激しいスポーツをした経験のある方は要注意でしょう。

また、そのような方は早めに一度レントゲン等の診断を受けるべきでしょう。このように予防したいと思ってもすでに脊柱管狭窄症を発症しやすい体になってしまっていることも多いようです。また腰痛に悩む方は特に注意して予防すべきでしょう。

長距離のドライバーや長時間のデスクワークを毎日続けてらっしゃるビジネスマンの方など、毎日同じ姿勢を長時間するような仕事をしている方や、腰を過度に使う仕事、体を反るようにして仕事をしなければならない方ならば、一定の間隔を置いてストレッチなどをするのが効果的でしょう。

筋肉が硬直してしまうと弱くなり、その分骨に負担をかけてしまうことになりがちです。骨にとって大事な栄養素をしっかり摂取することも予防のひとつになるでしょう。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDなどは毎日定期的に摂取したいものです。脊柱管狭窄症にサプリメントを用いるのもとてもよい予防になるでしょう。

また自然食であればより効果的に体に吸収されます。筋肉を鍛えることは脊柱管狭窄症にとって、とても重要な予防になります。

毎日欠かさずに短時間でもいいですから体操をして適度な負担を筋肉にかけ、汗をかいて新陳代謝を高めることが必要でしょう。

腰に負担をかけずに全身運動をするためには水中運動が適しています。特に水泳をすることは全身の筋力を高めるために効果があります。

その他、軽い腰痛に効果があるような有名な体操方法というものがインターネットや色々な雑誌などで紹介されていますので、そのようなものを積極的に試すのも良いでしょう。

正し、気を付けて頂きたいのは自己流でやらないことです。ストレッチなどは少しの動作を間違うだけで、本来効果があるものを逆に痛みの原因となってしまう場合もあります。

ですので、専門家やその道のプロにやり方をきちんと確認した上で実践するようにしてください。そして、やり過ぎも良くありませんので、自分の体調と相談しながら、ほどほどに実践することをお勧めします。

整体院や鍼灸などに通うというのも予防方法としては効果があります。整体院で時折からだの調子を見てもらう、という方は案外いらっしゃるようです。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら