TOP > 脊柱管狭窄症 > しびれ

腰や足のしびれはどうして起こるのか?


脊柱管狭窄症の症状として典型的なのが、下肢のしびれです。馬尾神経を包む管の後方にある関節や靭帯が、加齢によって変性、または肥厚し、椎間板が突出してきますが、この結果として、脊柱管に収められている神経や神経根という坐骨神経の根本が圧迫を受けることにより、下肢にも症状がでます。

脊柱管狭窄症の症状は色々と種類がありますが、下肢のしびれや脱力感がある場合、中心型狭窄症である可能性が高いです。

歩行とともに脚のこわばりなどが出現し、歩けなくなる方も珍しくなく、またしばらく休むとまた歩けるようになる、という不便も生じます。このような症状を、「間欠性跛行」と言いますが、100メートル以上歩くけなくなったら、医師は手術の判断基準としているようです。

間欠性跛行はその人の状態によって症状は様々です。歩き始めると、足にかけてしびれが出る人もいれば、腰に激痛が走る人もいます。

間欠性跛行が出るようでしたら、かなり重症だと判断されます。その場合、手術を薦められることが多いですが、やはり、手術にはリスクが伴いますので、出来るだけ、保存療法などで治療を進めていく方ことをお薦めします。

下肢、または足のしびれの原因は様々です。また、そもそもしびれとは何らかの原因で血管内の血流が滞ることで、中枢神経や末梢神経に障害が起きて、力が入らないとか、電撃を常に与えられているような異様な感覚が続く状態です。

足の痺れといっても、右足や左足、部位や状況によって、様々な病気の可能性があります。脳梗塞や脳出血、腫瘍や脊髄障害(腰椎ヘルニア、変形性腰椎症等)が原因となっている場合もあります。

このように足の痺れの症状は非常に注意すべき体のシグナルの一つであると考えられます。やはり、このような症状がある場合、症状がかなり進行してしまったと考えられます。

また、それ以上進行しますと馬尾障害にまで発展することがほとんどです。痛み、重さ、だるさ、痺れなど、下肢に異常を感じ、また腰の痛みも頻繁に起きるという場合にはよほどの注意が必要です。

また、外来で診察を受ける場合、神経症状はなかなか伝えにくい、という場合も多いでしょう。レントゲンやMRIなども撮影しますが、医師にはしっかりと自分の症状を的確に伝えることが出来るように、ある程度の知識を身につけることも大切になってきます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら