脊柱管狭窄症の症状について


脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアと比べても、それに悩む方の数は引けをとらない程多く、高齢者の方に多くみられる傾向にあります。

腰、そして臀部から膝や脹脛までもが痺れるという症状が一般的ですが、しばらく歩くうちに、重さを覚え、時には痛みまでも発生しますから、肉体的には相当負担のかかる痛みです。

少し休めばまた運動をしたり、歩いたりといったことが出来るようになりますが、やはり日常生活においては障壁となることが多いかと思います。

しばらく休むことによってまた歩けるようになるという状態を「間欠性跛行」と呼びます。

体を後ろに反らすと圧迫感が高まり、痛みのもととなるため、歩くことがすぐに出来なくなったり、逆に前かがみになれば血流が良くなりますので、しばらく歩くことが出来るようになりますが、なかなか辛い姿勢ではそれほど長くは歩くことも出来ないでしょう。

痛みがなぜ起きるのか、その1つは血流障害によるものです。

血流が悪くなることによって筋肉が硬直してしまいますので、それが痛みとなり、血流を無理に流そうとしている状態になります。

痛みが軽いという状態の時には、自転車などを前かがみの状態で長い時間こぐこともでき、間欠性跛行も起きにくく、筋肉を鍛えるためにもいいようです。

外を歩いていると、お年寄りの方などが、かなり前かがみになって歩いているのを見たことがある方も多いでしょう。

そしてこの状態こそが、間欠性跛行を防ぐためのアイディアであるそうです。

脊柱管狭窄症からくる、間欠性跛行の痛みはひどい時にはトイレに入って短い間立っていることさえも出来なくなるほど痛むようですが、自転車で前かがみになっている状態で漕いだり、このお年寄りの例のように歩く姿勢を工夫することでだいぶ動き回ることもできるとのことです。

しかし、お年寄りの例を考えますと、決していい姿勢とは言えませんので、治療早急にして上げたいものです。

現在では脊柱管狭窄症における、様々な治療方法も開発されていますので、脊柱管狭窄症の症状で悩まれている方は、ご自身に合った治療が見つかるまで、色々な治療法を試されると良い結果に繋がっていくことかと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら