TOP > 脊柱管狭窄症 > 自己診断法

自己診断法


脊柱管狭窄症は発見が遅れがちな病気の一つでありますが、患者の多くは、中期から末期に進んだ場合に治療することが多く、初期のうちに治療を開始した人はとても少ないのが現状です。

では一体なぜ、脊柱管狭窄症は発見が遅れがちなのでしょうか。脊柱管狭窄症の症状の一つに「間欠性跛行」があります。この間欠性跛行は少し歩くと脚に痛みや痺れが出て、思うように歩けなくなります。

しかし、少し休憩すると痛みや痺れが消え、再び歩けるようになるのが特徴で、このことが脊柱管狭窄症の発見を遅らせている一つの要因でもあります。

この少し休むと痛みや痺れが消え、歩けるようになることにより、大半の人が大したことはないと思い込んでしまい、治療を遅らせてしまう方が非常に多いのです。

しかし、この間欠性跛行こそが、脊柱管狭窄症かどうかを調べるのに有効な自己診断の材料となります。その他にも、腰を反らすと痛みや痺れが発生して、前かがみになると痛みが起こらなくなるのも脊柱管狭窄症の特徴の一つです。

腰を前かがみにすると痛みや痺れが落ち着く理由は、前かがみになると背骨がまっすぐになり、脊柱管内に隙間ができるため、痛みの原因である神経の圧迫が無くなることにより、腰の痛みやしびれが和らぎます。

このように腰を前かがみにすると症状が楽になるというのも、脊柱管狭窄症かどうかを自己判断できる材料の一つです。

これら二つの症状は脊柱管狭窄症の代表的なものですが、この二つの症状は、老化によって表れる症状と非常に勘違いされやすいのです。

そのため発見が遅れやすく、症状が進行して痛みが激しくならないと、病院に行かないという方が多いのです。このため、症状がかなり悪化した状態で発見される方が多いのです。

脊柱管狭窄症は、あらかじめ病状について知っていれば、初期の時に気が付きやすいものです。自己診断による勝手な判断は、症状を悪化させる原因になりますので、疑いがあるときは自分で判断せずに、専門機関で検査してもらうようにしてください。

もし、脊柱管狭窄症と診断されたのであれば、早めに治療することが出来ます。脊柱管狭窄症は早期発見・早期治療が改善の早道です。

ですので、腰に不安を抱えている場合は、出来るだけ早く調べてもらうようにして、出来れば年に数回、健康診断を受ける日を設け定期的に診断してもらうことをお薦め致します。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら