TOP > 脊柱管狭窄症 > 悪化を防ぐ方法

悪化を防ぐ方法


脊柱管狭窄症は一部の患者を除き、ほとんどが高齢者に発症します。初めのうちは歩いた時に腰や脚に痛みや痺れが発する程度ですが、このような症状は、脊柱管狭窄症の初期症状に過ぎません。

脊柱管狭窄症の症状が悪化するにつれ、足腰に痛みや痺れが出るようになり、思うように歩くどころか、立ち上がることすら困難になっていきます。

さらには、知覚障害や排泄障害といった、後々まで後遺症に苦しめられるような深刻な問題になるので、ここまで症状を悪化させないためにも、出来ることは全てしていかなければなりません。

脊柱管狭窄症を防ぐには普段の姿勢を改めたり、日常生活を見直すことがとても大切です。例えば、普段から腰を反りがちな人は要注意です。腰を反らせると脊柱管内が狭まり、中の神経を普段より強く圧迫することになります。

これにより症状はさらに悪化してしまうので、しっかりと背筋を伸ばすようにして、痛みが激しい時は少し前かがみになるなど楽な姿勢を取るようにしてください。

痛みによる筋肉の緊張はさらに症状を悪くさせることに繋がるので、筋肉をほぐすことは非常に重要です。

痛みがじわじわと出てくる慢性期と呼ばれる状態ならば、筋肉を暖めることで血流が活性化して、筋肉の緊張をほぐすことが出来ます。逆に激しい痛みが出る時は患部を冷やすと痛みが引いて楽になります。

痛みの質によって暖めるか冷やすかどうか変わってきますので、激しい痛みの時に暖めたり、慢性的に痛んでいる時に冷やしたりと、取り違えの無い様に注意してください。

さらに腰椎に掛かる負担を減らすには、体重を落とすことが効果的です。肥満気味の方はそうでない方よりも遥かに腰に負担を掛けています。

腹筋や背筋を鍛えることは、脊柱管狭窄症の悪化を防ぐことにも繋がりますので、毎日の中で出来るだけ運動することを心掛け、体重を落としつつ筋力をつけていけば、脊柱管狭窄症の症状悪化を抑えることができるようになります。

脊柱管狭窄症は非常に厄介な病気ではありますが、普段の生活態度に気を配れば、そこまで症状が悪くなることはありません。

毎日の生活に少しの配慮をすることで、症状悪化を十分に防ぐことができますので、今日から始められることは、すぐに実践されてみてください。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら