脊柱管狭窄症の種類について


脊柱管狭窄症は症状によって、いくつかの種類に分けることが出来ます。発症する場所や原因によってその病名は変わり、治療の仕方なども少しずつ変わっていきます。

このような情報を前もって知っておけば、身体に異常が出たとき、正しい対処をすることができるので、ぜひ覚えておいてください。

脊柱管狭窄症は腰に発症するか、頚椎に発症するかで病名が変わります。腰に発症した場合は「腰部脊柱管狭窄症」。頚椎ならば、「頚部脊柱管狭窄症」となります。

それぞれ発症した場所が違うので、症状にも変化が現れます。腰に発症した場合は、主に腰から下に掛けての下半身に症状が発症することが多く、脚の痛みや痺れが出ます。

また、少し歩くと休まないと長い距離を歩けなくなる、「間欠性跛行」の症状が表れてきて、症状が進行すると歩かなくても痛みや痺れが発生して、さらには知覚障害や排泄障害などが発生します。

頚椎に症状が発生した場合、上半身を中心に痛みや痺れが出ることが多く、腕が痺れて思うように動かせなかったり、痛みが出たりなどの症状が発生します。

また、心臓や肺といった器官の神経が圧迫されると、それらの活動に支障をきたす可能性もあります。

そのため、腰よりも頚椎に発症する方が危険度が高く、頚部脊柱管狭窄症だと診断された場合は、すぐに治療を行う必要が出てきます。

また、脊柱管狭窄症は発症する原因でも分けられ、発達性と後天性の2種類に分けることが出来ます。

発達性脊柱管狭窄症はかなり珍しいケースで、生まれつき脊柱管が狭いうえ、成長してもそれほど広さが変わらなかった場合、通常の脊柱管の広さなら問題なかった骨のずれや変質でも大きな影響を与えることが非常に多いです。

脊柱管狭窄症の患者さんは高齢者の方が多いですが、外部要因や事故など様々な原因で発症することがあるため、年齢に関係なく若い方でも多く発症します。

また、発達性脊柱管狭窄症は保存療法などを行っても、脊柱管の広さがあまり変わらかった場合、手術を行うことが多くなります。

しかし、術後の再発率などを考えると、手術はあまりお勧め出来るものではありません。発達性のものであっても、通常の脊柱管狭窄症でも、手術をしなくても治癒することは可能です。

ですので、すぐに手術などに踏み切るのではなく、あくまで手術は最終手段と考え、運動療法などを含めた方法で、改善されていくことが望ましいと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら