TOP > 脊柱管狭窄症 > 日常生活の過ごし方

日常生活の過ごし方


脊柱管狭窄症は少し歩くだけで足腰に痛みや痺れが出るようになったり、症状が進行するにつれ、知覚障害や排泄障害といった後遺症が残りかねないような症状が出てくるなど、放っておくと非常に大変な事になる病気です。

脊柱管狭窄症を治すには、適切な治療を受けるのはもちろんのこと、日常生活の中でも治療するための努力を怠らないようにしなければいけません。

日常生活の中で絶対にやってはいけないことの一つが腰を反らすことです。脊柱管狭窄症は、脊椎の中心にある脊柱管が狭くなることにより、神経が圧迫されて、痛みや痺れが発生するのですが、腰を反らすことによって、その隙間がますます狭まり、さらに症状を悪化させることになります。

逆に前かがみになると痛みは軽減されますが、その姿勢も腰には決してよい状態ではないので、年中前かがみにばかりならないようにすることが大事です。歩いたりする時に、少し前かがみになるくらいに控えておくようにしましょう。

前かがみの体制を維持するのにコルセットや杖、シルバーカートなどを利用している方も多いので、参考にしてみるのが良いでしょう。

脊柱管狭窄症の治療には運動療法が欠かせません。運動と言っても激しい運動は逆に腰に大きな負担を掛けるので、ストレッチや筋力トレーニングと言った、軽い運動を毎日少しずつ行っていくことで、少しずつ身体を鍛えていきます。

特に脊椎の周りの腹筋や背筋はしっかりと鍛える必要があります。これらの筋肉を鍛えて、筋肉のコルセットを作ることで、骨に掛かる負荷を最小限に抑えて、痛みを抑えることが出来たりなど様々な効果が期待できます。

腰が痛くて思うように身体を動かせないと言う方は、痛みが激しい時は無理をせずに横になり、多少痛む程度ならコルセットをつけたりして、少しずつ身体を鍛えていきましょう。

脚や腰の筋肉は使わないとあっという間に弱くなってしまいます。そうなると、腰に掛かる負担を骨が一手に引き受けることになり、ますます、脊柱管狭窄症の症状が悪化することになりますので、積極的に身体を鍛えることをお薦め致します。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら