TOP > 関連情報2 > 腰が曲がるのは何故?

腰が曲がるのは何故?


腰が曲がってしまうのは、脊柱管狭窄症のせいなのか?という疑問は多くの方が持ちますが、結論から申し上げますと、腰が曲がってしまうのは、脊柱管狭窄症が原因の一つであることは間違いありません。

高齢者の腰の痛みや痺れの原因とされる病気の一つである脊柱管狭窄症でありますが、よく年を取ると出ると言われる症状と、全くと言ってよいほど似ています。

その症状は間欠性跛行と呼ばれており、少し歩くたびに足腰が痛んだり痺れたりして、少し歩いては腰を曲げて休憩という流れを繰り返さないと、長時間移動できない状態になります。

この症状は、年を取るとよく出る身体の症状に似ていると言われています。そのため、脊柱管狭窄症だとは気付かずに放置してしまう方が非常に多い現状があります。そして、この病気になった人の多くは腰を曲げた状態になる方が非常に多いのです。

脊柱管狭窄症の患者は、その多くが加齢を原因として発症しています。年を取ると、人の骨は一部分が太くなったり、軟骨が変形したりと変質を始めていきます。

これによって、脊椎の中心にある脊柱管という神経の通り道が狭まくなってしまい、中に入っている神経を圧迫させることにより、痛みや痺れが発症します。そして、この時出る症状は前かがみになると軽減されます。

これは何故かと言うと、脊椎はまっすぐ立っているときは軽く弓なりになっています。そのため身体を曲げると、弓なりだった背骨が真っ直ぐになるので、今まで無かった隙間が発生し、神経の圧迫を緩和することが出来るのです。

こうした症状を確認することによって、腰の痛みの原因が脊柱管狭窄症なのかを判断することが出来ます。また、この病気は悪化させると様々な症状を引き起こしていきます。

腰や脚に出る痛みや痺れは黙っていても発生するようになり、さらには知覚障害が発生して、触られても何も感じないような状態になったり、便秘や失禁といった排泄障害まで引き起こします。

そうした症状は後遺症が残るものもあるので、なるべく早く治療することが大切です。歩いたら腰に痛みが出るようになったり、腰を曲げると痛みが和らぐ時は脊柱管狭窄症になっている可能性が非常に高いのです。

このように、腰が曲がってしまう理由は、腰を曲げて歩くと症状が和らぐので、自然と体が曲がっていってしまうのです。

腰が曲がってしまうと、今お伝えしたように様々な病状が出ますので、このようなことにならないように、早め、早めの治療を行うことが大切になってきます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら