TOP > 関連情報2 > 対処の仕方

正しい対処の仕方について


脊柱管狭窄症は歩くたびに腰や脚に痛みや痺れが起こる病気で、悪化すると知覚障害や排泄障害などの症状まで発生する病気です。

ここまで症状が進行すると、外科手術が必要となりますが、手術が行われるのは稀で、ほとんどの場合は保存療法や運動療法により、症状改善を図っていきます。

保存療法は手術のように身体を傷つけることなく、運動や投薬治療などによって、脊柱管狭窄症の改善を図っていきます。

その中でも、脊柱管狭窄症の対処方法として良く用いられるのが、ストレッチや筋力トレーニング、体操などがあります。

脊柱管狭窄症は脊椎の中心にある脊柱管が、加齢による骨の変形や、腰椎すべり症といった他の骨の病気などによって、脊柱管の中を通っている神経を圧迫することにより、痛みや痺れ、歩行障害と言った症状が発生するものです。

これをストレッチや体操などで物理的に脊柱管を広げて、神経の圧迫を解消することで痛みを軽減させていきます。

運動療法は効果のある人には非常によく効くのですが、逆に効かない人は全くと言っていいほど効果が無い場合があります。

その場合、ほとんどの人がやり方を間違っている場合が多く、そのため逆に症状が悪化してしまうことが多くあります。

その場合、少しでも異常を感じたら、すぐに中止するようにしてください。また、独学でやろうとする人もいますがこれは問題外です。絶対に止めるようにしてください。

運動療法は知識が無ければ正しく行うことが難しく、そのために非常に専門的な知識を必要としますので、素人考えでは絶対に行わないようにしてください。

また、運動療法が効果がなかったとしても、心配は要りません。脊柱管狭窄症の対処方法はその他にもたくさんあります。

現在でも、脊柱管狭窄症に対する様々な対処方法について研究は続けられていて、運動療法やその他、効果的な対処方法が色々生まれています。

脊柱管狭窄症は決して治らない病気ではありません。ですので、決して諦めずに治療を続けて頂ければと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら