TOP > 関連情報2 > ヘルニアとの違い

脊柱管狭窄症とヘルニアの違い


脊柱管狭窄症とヘルニアは症状がよく似通っている病気です。どちらも腰や背中に激しい痛みと痺れが出るという症状を持ち、発症すると日常生活をまともに送れないような痛みが体を襲うということも珍しくありません。

それでは、この二つの病気はいったい何が違うのでしょうか。脊柱管狭窄症とヘルニアの最大の違いは痛みが発生する原因です。

脊柱管狭窄症の場合は、脊椎の中心にある脊柱管がだんだん狭くなり、結果、中の神経が圧迫されて、腰や背中に痛みや痺れが発生します。

対してヘルニアは、脊椎の骨と骨との間にある緩衝材の役割を果たす椎間板という部位が度重なる腰への衝撃に耐えられなくなり、椎間板の中心部に位置する髄核が飛び出て、椎間板周辺の神経を圧迫することによって、痛みや痺れが発生します。

このように、脊柱管狭窄症は神経の周りが満遍なく狭くなって神経を圧迫し、痛みや痺れを与えるのに対して、ヘルニアは突出した一部分が神経を強く圧迫し、同じような痛みや痺れを発生させるのです。

双方痛みが出る原因は違いますが、神経を圧迫されるという点は同じなので、痛みの種類はほぼ同じと考えてよいです。両方とも放置すれば痛みと痺れはどんどん悪化しますし、最終的には知覚障害や排泄障害を引き起こすところも同じです。

違いとしては、ヘルニアが20代から40代におきやすいのに対して、脊柱管狭窄症はすべり症などのほかの病気の併発や加齢が原因で発生することが多いという点が挙げられます。

脊柱管狭窄症の治療は、症状の進行具合によって変更されます。まだ症状が軽い初期状態なら運動などの保存療法によって治療することがほとんどです。

症状が進んで痛みが激しくなっている時は、痛み止めなどを服用する投薬治療や、神経部分に直接麻酔薬、また、ステロイド薬を注射する神経ブロック注射、コルセットなどを装着して腰の負荷を軽減させる装具療法などを行って治療していくことになります。

治療には時間が掛かるかもしれませんが、焦らずにじっくり回復させていくことが大事になってきます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら