TOP > 関連情報2 > ケアのやり方

正しいケアのやり方について


脊柱管狭窄症を発症してしまうと、人によっては生活に関わってきてしまいます。脊柱管狭窄症の主な症状としては、臀部の痛みや足のしびれ、また、長距離を歩く事によって足がしびれてしまい、歩行困難になってしまいます。

ただこの症状は休む事によって治まるのですが、いくら休めば治まるといっても、ある程度の距離を歩く人であれば厄介なものでもあります。このような症状を医学用語で間欠性跛行と呼びます。

脊柱管狭窄症は他にも症状はあるのですが、全体的に神経に関わってくる病気です。脊柱管狭窄症は休めばしびれや痛みは引きますし、無理な体勢をとらない限りは重傷ではない限り症状はあまりでません。

しかしそういった理由で治療をしないで放置しておくと、さらに症状が悪化する可能性があります。脊柱管狭窄症の怖い所は、症状が悪化してしまうところにあるのです。

脊柱管狭窄症は症状が悪化する事によって、極端な話歩けなくなったり、ベットから起きあがることができなくなり、最悪寝たきり状態になってしまうこともあります。

ですので、身体に異変を感じたら病院などへ行くのは当たり前ですが、その後、自分で症状を悪化させない為にある程度のケアは必要になってくるのです。普段の生活で腰を気遣うのは大切ですが、気を遣い過ぎるのも逆に問題になる場合もあります。

例えば腰に負担をかけたくないといって、ずっと寝て安静を保っていると、それが腰の為になると言ったらそうではなく、痛みの無い時などには多少身体を動かす事も腰回りの筋肉を鍛えることもとても重要です。

ですので、軽くリハビリ程度の運動も必要になりますが、当然腰に無理に負担をかけない事も大切になります。仕事や生活の都合上、腰に負担をかけてしまう事が多いのであれば、少しでも負担を減らす様工夫しなければ、脊柱管狭窄症悪化の原因になってしまいます。

脊柱管狭窄症が悪化して症状が酷くなり歩けなくなることや、排尿などするのに不自由が生じるなど、生きる為に必要な事が不自由になるのは非常に怖い事なのです。ですので、医師だけに頼らず、個人で体をケアすることはとても大事なことなのです。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら