TOP > 関連情報2

関連情報2

脊柱管狭窄症の痛みを前かがみになることで抑えるコツとは?


脊柱管狭窄症の痛みは突然やってきます。この突然の痛みやしびれはとても厄介ですが、休めば痛みを抑えることができます。ですので、脊柱管狭窄症だと判断するのが難しいのですが、この休む時に実は多くの人が無意識にしている行動があります。それが前かがみになることです。体を前かがみにすることで、実は脊柱管狭窄症の痛みを抑えることが出来るのです。

脊柱管狭窄症は、脳幹から下りてきている脊柱管という箇所に無理な力や加齢になどによってその部位が狭くなり、痛みやしびれを発症する病気です。この症状を改善するのに前かがみになることで痛みを抑えることができます。もちろん過度な負荷の場合は前かがみでも症状が出てくる場合がありますが、前かがみをすることである程度解決することができます。

ですから、脊柱管狭窄症に痛みやしびれを軽減するのには前かがみが良いとされています。そして、脊柱管狭窄症の場合は前かがみになることがとてもポイントとなります。脊柱管狭窄症の治療をする時に、大体運動などをして筋肉などを付けるのですが、それだと痛みやしびれと言った症状が出てきます。このように若干面倒なことですが、前かがみ、要するに前屈などの運動に対しては症状が出難くなりますので、運動をするならそのような運動をオススメします。

前屈に似たやり方の運動などがかなり効果的な運動になりますのでよく考えてやってください。ちなみに、脊柱管狭窄症の症状がかなり悪いとこの方法でも痛みを出すことになります。最悪手術を考えないといけませんので注意でしょう。ですから、よく考えて運動をするようにしてください。

このように前かがみをする姿勢が脊柱管狭窄症の症状を和らげるのにはとても良いです。よく考えて利用してください。ただ、私生活でこれを続けると、猫背になる場合が在りますので注意してください。出来るだけ、猫背にならないように考えて運動をするようにしましょう。そして、1日も早く適切な治療を受けて健康的な体に戻してください。