TOP > 関連情報1 > 評価

評価について


脊柱管狭窄症は2大腰痛のうちの1つとも言われ、多くの高齢者がかかりやすい病状です。このことから、比較的個人でもその可能性がある場合、症状を評価する方法があります。

要するに診断サポートというような、レベルの自己問診検査方法のことですが、また腰の病気ですので、なかなか動きづらいということもあり、そのような方法で疑いを確かにしていくことはとても役に立つでしょう。

ある例を見ますと、年齢のチェックから始まりますが、まずは60歳を境に脊柱管狭窄症にかかる可能性が高まると判断しているようです。また、糖尿病の有無も確認します。糖尿病と脊柱管狭窄症はあまり関連は無いようですが、糖尿病の症状が似ているということから必要な判断になります。

また、ここまで来たところで、脊柱管狭窄症の典型症状である下肢のしびれや痛みの有無を確認します。ここで、下肢とは太股から足の指先までを指します。また足という場合は、くるぶしから下を呼ぶようです。

そして、腰の痛みがあるかどうかをチェックします。間欠性跛行について説明し、その症状があるかどうかを確認します。間欠性跛行については200メートル程歩いた後で痛みやしびれがあるかどうか、ということ。

そして、その後、休息を取ることでまた歩くことができるかどうか、という点にポイントを置きます。排泄障害もチェックします。ここでは排尿後の残り感、そして便秘などについてもチェックしていきます。

また、立ったままの姿勢を維持することで下肢の異常が悪化するかどうか、前かがみになった上体で痛みが軽減するか、体を反らすと痛みはひどくなるか、などの患者さんであれば、どなたにでも出現するであろう症状の確認をします。

ここまでくればほぼ、脊柱管狭窄症の症状で間違いないと言っていいでしょう。このような評価でも脊柱管狭窄症かどうかが確認できるのです。つまりレントゲンを撮る以前にある程度の診断ができてしまうということになります。

今、お伝えしたことを参考に自分の症状と一度、照らし合わせてみてください。整形外科に行き、レントゲンやMRIなどを撮らなくても、自分の今の症状が脊柱管狭窄症なのか判断することが出来るかと思います。

もし、脊柱管狭窄症の疑いがある場合は、少しでも早く治療を受けることが大切です。脊柱管狭窄症は症状が酷くなってしまうと、寝たきりや車椅子生活を余儀なくされてしまう恐ろしい病気です。

1日でも早い治療が今後のあなたの生活を変えていくと思いますので、少しでも疑いがあるのであれば、すぐにでも医師の診断を受けることが大切です。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら