TOP > 関連情報1 > 自宅で行うリハビリ法

自宅で行うリハビリ法


脊柱管狭窄症は自宅でもしっかりとリハビリを行うことさえすれば、改善することが可能です。脊柱管狭窄症を完治させるには、手術や薬を飲み続けないと思われる方が多いようですが、実は手術や薬などを使わなくても、脊柱管狭窄症を改善することは可能です。

脊柱管狭窄症は、重症化して排泄障害などに至らなければ手術などをすることはほとんどありません。しかし、薬などの治療を続けなくてはならなかったり、痛みなどに悩まされたりする人も多くいます。

脊柱管狭窄症というのは脊柱管が狭くなってしまうことで起こる症状です。そこで、脊柱管が狭くならないような運動をすることを心がけることで、症状を和らげて改善することが出来ます。

このようなリハビリ療法を教えている名医はたくさんいます。また、自宅などでも手軽に出来るものも多くあり、多くの名医が本やDVDなどを販売しています。

このようなノウハウを使うことで、自宅でも手軽にリハビリを行うことが出来ます。今までは病院などに通い、薬などをもらい飲み続けなくてはならず、金銭面的に辛いといった部分がありました。

また、脊柱管狭窄症の手術をしたとしても、完治率は極めて低く、再発してしまう方が大勢います。脊柱管狭窄症になってしまい、手術をしてもなかなか良くならない方や、薬などを飲み続けたくないという方は、名医と言われている先生が出しているリハビリ法を実践されてみてください。

当サイトでお薦めしているのは、「中川式治療法」です。この治療法を開発された中川卓爾先生は、今まで30年間で50万人以上の腰痛患者を救い、その中でも脊柱管狭窄症に悩む患者さんを1000人以上救ってきた先生です。

また、こちらの治療法は自宅で1日15分、DVDに従ってストレッチを行うだけで、脊柱管狭窄症を改善できるだけなく、予防や再発を防ぐこともできる治療法です。

きっと、この中川式治療法があなたの脊柱管狭窄症を改善する第一歩につながると思います。興味のある方は下のボタンを押していただき、中川式治療法のメインサイトを一度ご覧になってみてください。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら