TOP > 関連情報1 > ふく書房

ふく書房をご紹介


脊柱管狭窄症にかかると長い治療になることが多く、すぐに改善するということはほぼ稀です。また、脊柱管狭窄症になった方は書物などを利用して病気としての知識を身につけ、改善するための独自の知恵というものを体得したいと考えることは多いでしょう。

このことは全然不思議ではありませんし、むしろ当たり前と言ってもいいでしょう。医師に相談してみればご自身の脊柱管狭窄症の症状にあった書物を紹介してもらえるかもしれませんし、インターネットなどで検索をすることでもいい物がかなり候補として上がってくるでしょう。

保存療法についての知識や、リハビリや運動療法を取り入れる場合にどのようなものを選択すればメリットが大きいか、などの初歩的な事柄を知るだけでも医師とのコミュニケーションをより円滑にする契機となるに違いありません。

ふく書房からはとても効果的な書物が出版されていると評判です。まずは自分の症状と同じような体験者の話から色々と読んでみたいという方にもお勧めの書物がたくさんあるようです。

また、脊柱管狭窄症の治療方法や痛みがあった時にとっさに出来る対処方法などを知れば、精神的にも楽になり、またある程度自信をつけて脊柱管狭窄症の治療に挑むことも出来るようになるでしょう。

薬学博士の鈴木郁功先生の書かれた"これで痛みが消えた”というタイトルの本があります。タイトルからするといかがわしいかもしれない、と思われる方も出てきそうな感じですが、こちらはかなり発行部数を伸ばしているそうです。

こちらも患者さん自身が読まれているというケースは多いでしょう。この本には天然の薬効成分についてなど、他ではあまり読むことが出来ないようなすぐれた内容も含まれているようです。

また、鍼灸や整体についての脊柱管狭窄症の治療方法や、色々な治療方法をミックスする際の注意点などもとても役に立ちそうなものです。また、漫画が好きな方は漫画での解説本などを探す方法もあるでしょう。

ふく書房には、脊柱管狭窄症に関する書物だけでなく、他にも有益な書物がたくさんあります。例えば、「脳梗塞が怖い!心房細動(不整脈)は今すぐ治せ」や「不眠症に効果!こうすればすぐに熟睡できる」など、様々な医療に関する書物を多く扱っています。

もし、脊柱管狭窄症の知識などを自分自身で色々と調べていきたいという方には、ふく書房で色々と検索してみることが良いかと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら