TOP > 関連情報1 > ビリーバンバンさん

菅原孝さんも脊柱管狭窄症に苦しめられた一人です


菅原孝
「gooニュース」より引用

脊柱管狭窄症と言いますと、売れっ子芸能人のみのもんたさんが手術を成功させ、わずか3日で退院されたというニュースを思い出す方も多いと思います。

また、芸能人の方としては他にも、兄弟デュオのビリーバンバンの菅原孝さんが同じ脊柱管狭窄症を患って、手術を受けたというニュースがありました。


加齢によって脊柱管が狭くなり、腰や足にもしびれがあったとのことですが、三箇所の手術を受けたとのことですから、脊柱管狭窄症の症状がかなり進行していたものと思われます。

しびれも消えないうちから仕事をされていたとのことで、芸能人の方となるとこのような状況においても、なかなか仕事を休むことは出来ないようです。ですので、より早く退院したいということを考えなければならず、また、失敗をしたくないという恐れの念も通常よりも高くなることが多いのでしょう。

2010年に脊柱管狭窄症の手術をしたとのことですが、執刀されたのはみのもんたさんを担当された、福井先生です。福井先生は脊柱管狭窄症手術の名医とも呼ばれ、日本全国から毎日のように患者さんが訪れています。

今まで、1000件以上の脊柱管狭窄症の手術を請け負っており、その全ての手術において成功されていて、患者からの信頼も厚いようです。

しかし、福井先生のような名医に診てもらえれば、回復も早いかもしれませんが、このようなドクターは常に予約は一杯で、診てもらうこともなかなか難しいものがあります。

ビリーバンバンと言いますと、兄弟デュオとして「白いブランコ」という曲でメジャーデビューされ、いきなり大ヒットとなりブレイクし、72年にはテレビドラマ三丁目4番地の主題歌として「さよならをするために」が大ヒットし、紅白歌合戦にも出場されました。

歌手という職業柄、歌を歌うことができれば仕事にはなる、というような意気込みもあったのではないでしょうか。しかしながら、高齢者であれば寝たきりになるほどの病状になっても仕事を続けられるというのはやはり体力のある方だな、と感じずにはいられません。

体力が無ければ治療も上手く進行しませんが、努力して運動などをし、筋力をアップさせていく高齢者の方も多いと聞きます。このような例は同じ脊柱管狭窄症を患う者同士としてはとても参考になることだと思います。

脊柱管狭窄症は若い方でも遺伝や姿勢が極端に悪い方などが発症する例があります。若いうちに患った場合には、我慢する体力もありますので、我慢をしながらの治療を延期する場合も多いでしょうけれども、手術に至る前に早期治療をしたいものです。

菅原孝さんは福井先生という名医に出会い、脊柱管狭窄症を改善させることができましたが、全ての人がこのような素晴らしい先生に出会えるとは限りません。

そこで当サイトでは、一人でも多くの脊柱管狭窄症患者さんが素晴らしい先生に出会えるための掛け橋になれればと思っています。

福井先生も素晴らしい名医の一人ではありますが、当サイトではその上の実績を持つ中川卓爾先生をお薦めしております。中川卓爾先生は延べ30年間で50万人以上の脊柱管狭窄症患者さんを完治させてきました。

また、中川先生は治療院などに通わずに、自宅で脊柱管狭窄症を改善できる治療セットを開発されております。

もし興味のある方は、下記より中川卓爾先生の公式サイトを一度ご覧になってみてください。とても画期的な治療法を目にすることができると思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら