TOP > 手術 > MRI

MRI検査について


脊柱管狭窄症の画像検査には、レントゲンやCT、MRI、脊髄造影検査などが用いられます。レントゲンは通常、問診を終えると最初に検査される方法です。

検査範囲としては腰椎の変形、脊柱管の狭窄、椎間板の痛みや骨棘などです。脊柱管狭窄症はレントゲンではなかなか分からないというケースも多く、その場合、MRIを用いてより詳細をチェックすることが多くなります。

MRIでは脊柱管狭窄症の細かな状態や神経の圧迫も分かります。また、腫瘍など、患部にその他の病気が無いかを調べる場合にも効果があります。MRIはコンピュータを用いて細かい断層撮影を可能にする技術です。

また、脊柱管狭窄症の診断においてとても大きな役割を持つといっていいでしょう。MRIが普及する前までは、診断にとても時間がかかっていた疾患でも、今ではとても簡単に診断が出来るようになりました。

MRI検査の長所といえば、レントゲン同様に痛みを伴わずにより詳細をチェックすることが出来ること、また磁気を利用するため放射線の影響が無いこと、外来でも十分に時間が取れること、断面の質を問わずにチェック出来ることなどです。

また、内部撮影方法でこれ以上詳細を知る必要はそれほど無いとも言えます。また、MRIの難点とまではいきませんが、撮影している間、脊柱管狭窄症の患者さんはじっとおとなしくしていなければなりませので、少し苦痛かもしれませんが、長くてもおよそ30分程度ですので、我慢出来るという方は多いでしょう。

ですが、閉所恐怖症の方は受けることが難しいかも知れません。圧迫感のある箱の中に30分以上、しかも大きな音と擬音のような音に耐えなければなりません。

しかし、ほとんどの病院では、必ず閉所恐怖症を持っているかの有無を確認してくれるところがほとんどですので、安心して良いかと思います。

もし、脊柱管狭窄症でMRIを受診出来ないとなると、詳細な症状を把握することが出来なくなりますので、医師も正しい治療を促すことが難しくなることでしょう。

また、脊柱管狭窄症のMRIを受けるためには比較的大きな病院での受診がいいでしょう。患者さんも多く、待ち時間もかかるようであれば、思い切って大きな病院にしても同じですし、その分より詳細を診断することもできるでしょう。

看護婦との問診や医師との脊柱管狭窄症の治療において、よりすぐれた効果を出すことも期待できるでしょう。脊柱管のことに関わることですので、出来れば脊柱管狭窄症の専門医がいる病院がベストな選択となるでしょう。

また鍼灸やカイロプラクテイックなどで脊柱管狭窄症の治療を考えているという方でも、やはりレントゲン検査は受けたほうがいいでしょう。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら