TOP > 手術 > 入院期間

手術をした際の入院期間について


脊柱管狭窄症に悩む方の中でも、その症状にもよりますが、やはりこれからの仕事や生活の安定を考えると、きちんと治したいと思い、入院を考える方は多いようです。

脊柱管狭窄症の症状が軽いというのも、この場合はほんのたまにしか痛みが起きない、というような方のことですが、あまり数も多くないと思われますし、脊柱管狭窄症の初期症状が出た時に入院をして、治療することが最も早い改善方法であるということもありますので、出来ればすぐにでも入院をして集中的に治療を受けることが望ましいでしょう。

何よりも改善、そして次には仕事を優先したい、という方はやはり脊柱管狭窄症を治すのにどの位の入院期間が必要なのか気になることでしょう。

一般に、入院期間は脊柱管狭窄症の症状によっても変わりますが、1週間から2週間が目安になりますので、この期間が長すぎる、という事情により入院を延期せざるを得ないという場合もあるかと思います。

内視鏡手術などによる治療などは比較的早いようですが、小切開するとなると他の部位が健康である場合はそれほどではないですが、やはり可能性としてはかなり長引く恐れがあるようです。

やはり、脊柱管狭窄症の手術や治療においても完全に予定通りというわけにはいかなくなるケースもありえるということを承知していなければならないと思います。

早い例としては、脊柱管狭窄症で悩まれていた、タレントのみのもんたさんが手術後、3日で退院したということを聞きます。タレントさんということでもともと体力もあったのではないかとも想像されますが、それにしてもかなり早いようです。

また、そのような脊柱管狭窄症の名医を執刀医として指名できれば幸いということも言えるでしょう。入院期間は治療結果からも長引いたりしますが、やはり経過というものは大事にして、守らなければならないでしょう。

スケジュールをそれでも優先という場合にはインターネットなどで入院期間の短い病院を検索などすれば、もしかしたらマッチした脊柱管狭窄症の専門医や病院が見つかるかもしれません。

ですが、入院期間のばかり気にし過ぎてしまい、肝心な社会復帰におけるリハビリの時間を計算に入れていない方が多いように感じます。脊柱管狭窄症の手術の入院期間は1週間から2週間としても、リハビリはその数倍の時間がかかります。

その人の症状によっても大きく変わってきますが、足のしびれなどが残ってしまっている方は、リハビリに要する期間は最低3ヶ月以上はかかると思った方が良いです。このように手術をしたからといって、すぐに全快する訳ではなく、リハビリの期間のことも良く考えておくことが大事になってきます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら