TOP > 手術 > 検査

検査について


脊柱管狭窄症の検査では、レントゲンやMRI、CTや脊髄造影検査などの画像検査が用いられます。レントゲンではまず腰椎の変形が見られますし、5つある腰椎のうちでズレがある部位には神経の通り道が狭くなっている状態も見られます。

しかし、レントゲンでは患部の圧迫そのものについてはある程度推測の域にとどまります。このことでMRIが常に有効といわれ、MRIによって椎間板の状態や神経の圧迫も分かり、圧迫が起こっている原因として神経に腫瘍がある場合でも明確に映し出すことができます。

また画像検査の前に用いられるのが問診や視診、触診などの身体所見です。問診とは病院にかかる前に紹介状を作成するようなもの、ともよく言われ、患者としてどのような特徴があるのかを可能な限り知るためのものです。

この問診こそが、脊柱管狭窄症の治療効果を決定するための重要なファクターであるとも言われています。

つまり画像検査はこの問診結果の裏付けを取る程度に過ぎないとも言えます。狭窄がどれくらいの度合いで起こっているのか、またその原因は何なのかを知るためにも有効です。

その他にはブロック注射を用いて病巣と思われる場所の反応を見る場合もあります。脊柱管の一部分だけが変性して起こるのが神経根型の脊柱管狭窄症ですが、神経根の圧迫があれば症状が軽減するはず、という選別方法です。

また閉塞性の動脈硬化症との区別も重要です。この病気でも脊柱管狭窄症と同様の特徴的な症状が起こりますが、前屈姿勢によって症状が緩和されることで、容易に脊柱管狭窄症を選択することができます。

また、最近多いのが骨粗鬆症により、脊柱管狭窄症が発症するというケースです。女性の高齢者に多いと言われている骨粗鬆症は、多くの方にとって他人事ではない病気です。

あるレべルを越えると、ひどい場合はくしゃみだけでも骨折を起こします。このようなことを予防するには、常日頃からウォーキングや筋力トレーニングなどの運動によって骨に適度な刺激を与え、きちんと食事からもカルシウム分を補うことが大切になってきます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら