TOP > 手術 > 病院

脊柱管狭窄症は病院に通っても治ることはありません


脊柱管狭窄症にかかるとなかなか自然治癒は望めません。やはり整形外科などで一度診断を受けるのが良い選択でしょう。

整形外科やペインクリニックには大小、そして、専門分野等様々ありますが、出来れば脊柱管狭窄症の専門医が多くいる大きな病院が理想的です。

脊柱管狭窄症の症状や軽度や部位の大きさなどによって、色々な療法を適用されますが、脊柱管狭窄症を専門としている医師がいないところで間違った療法をする、ということは避けたいものです。

また、仕事などの関係上、診断結果によってはすぐにでも脊柱管狭窄症の手術をしたい、という方もいらっしゃるでしょう。そのような場合でもそのまま入院出来るような場所を選んでおくことがベストでしょう。

病院ではまず保存療法を施すケースが多いようですが、その中には薬物や神経ブロック、リハビリなど様々なものがあります。

これら全てを治療として受けるという患者さんもありますが、リハビリだけ、あるいは神経ブロックだけで効果が出たという場合もあります。

また、どの方法も効き目が無いという場合には鍼灸やカイロプラクテイックなどを選択される方もいらっしゃいます。

その他にも運動療法に含まれる、ストレッチや体操、筋力トレーニングなどもあります。脊柱管狭窄症を改善するには腰周り、脚周りの筋力アップは不可欠になってきます。

ここを疎かにしてしまうと、脊柱管狭窄症が再発してしまったり、いつまで経っても症状が改善されないことになりかねません。

痛みがある場合は安静にしている必要性がありますが、ある程度症状が落ち着いているのであれば、積極的にトレーニングなどを行い筋力アップを図っていきたいものです。

また、病院での治療が全てということではなく、自分で自宅でリハビリをしたり、鍼灸などの通うことでかなり改善される方も多いようです。

あるいは医師とのコミュニケーションは治療のコアの部分となりますが、他の部分は自分の努力を示す部分と思って間違いないでしょう。

鍼灸などに通うのも、体操を毎日続けるのも、医師に相談してある程度効果があると認められた場合、または悪い影響が無いと認められた場合には実践できますが、医師に内緒で他の治療をする、ということには危険があります。

脊柱管狭窄症の症状が軽く、大抵の姿勢をしても痛みがそれほど無い、というケースではそれも甘く見る医師もありますが、やはり、脊柱管狭窄症の症状が進行しているならば問題になります。

病院で最初にまずレントゲンなどの診断を受ける方が多いですが、その時から上手く医師との信頼関係を結ぶことが大事でしょう。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら