TOP > 手術 > 費用

手術費用はどの程度かかるのか?


脊柱管狭窄症の症状にも色々ありますが、間欠性跛行を起こしたり、臀部や足に痺れを感じるという場合には、早期治療をすることが勧められます。

初期段階であれば、薬剤や注射の投与で脊柱管狭窄症の症状が治まる場合もありますが、一定期間を経過しても症状が軽くなる気配も無いという場合には、やはり手術が勧められることが多いようです。

また、レントゲンなどの所見によっても医師の判断が下されると思います。お年寄りの場合でも合併症などの疑いが無い場合、手術を進んで受ける人も多いようです。

内視鏡手術などは、とても手軽なイメージがあり、また、出血量も100CC以下とのことなので、部位的に十分であればお勧めの方法です。

そして重要なのは手術の費用ですが、三割負担の場合はだいたい20万円前後かかると言われています。保険の負担額やその他、生命保険などに加入していればもっと安く費用が済むことでしょう。

脊柱管狭窄症の部位が大きく、切開などが必要な場合には、もっと費用がかかる場合があり、また、入院費用も比例して大きくなってきます。

保険の適用が安心して入院出来る、最も近い方法と思われますが、あまりに酷い脊柱管狭窄症の症状が出てきたなどの稀な場合には困る場合も多いでしょう。

早めの治療をすれば再発する恐れというものはあまり無いということですので、信頼できる医者や脊柱管狭窄症の名医と呼ばれるような先生にかかることが出来れば、かなり楽になるのではないかと思います。

脊柱管狭窄症は仕事をする上でも致命傷になってきますので、出来れば早期の治療をしたいと希望を多くの方が持っています。

しかし、脊柱管狭窄症の手術にはそれなりのリスクがあることは覚悟をして受けなければなりません。残念なことに脊柱管狭窄症の手術を受けた実に9割以上の方が半年以内に痛みを再発してしまっています。

また、医師も手術前には必ず念書を書かせます。内容としては手術をしても改善されない場合があること、また、術後に再発の恐れがあることを記載しています。

医師も脊柱管狭窄症の手術をしたからといって、全開が難しいことは分かっているようです。それを分かっていても辛い脊柱管狭窄症が解消されればという想いで手術を受ける方が多いようです。

ですが、期待以上の結果を手にすることが出来る人もいれば、期待以下の結果に困惑する方も多いようです。このようにリスクがかなり高いということだけはしっかりと頭に入れて受けることが大事になってきます。

また、脊柱管狭窄症の手術は費用はばかになりませんが、ペインクリニックなどに通ったり、鍼灸などの方法を取り入れることでも費用はかかってきます。ですfが、借金をしてでも費用を捻出して、1日も早く仕事に復帰したいと考える方も大勢いることでしょう。

日本人は高齢者において、脊柱管狭窄症が多いと言われていますので、とっさのときに間に合うように、保険の外交の人などにも普段から相談をしておくことが望ましいと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら