TOP > 手術 > 術後

術後の過ごし方について


脊柱管狭窄症は腰への負担がもっとも大きな原因です。また、加齢によって骨の健康が失われてくることが重なると脊柱管狭窄症を発症しやすくなります。

普段の生活の中での姿勢の悪さや、運動不足による筋肉の衰えも骨に負担をかけます。脊柱管狭窄症ばかりでなく椎間板ヘルニアにも同じことが当てはまります。

椎間板ヘルニアから脊柱管狭窄症を発症するというケースも多いです。これら腰痛の二大疾病と呼ばれる症状は避けたくても避けがたいと言いますが、やはり生活態度の改善を多少はしているという方も多く見られます。

脊柱管狭窄症で手術をしたという方は、特に術後は生活の仕方を大きく変える必要があります。せっかく手術をしたとしても、以前と同じ生活サイクルを送っていたら、脊柱管狭窄症が再発する恐れがあるためです。

そして、術後には筋肉トレーニングのリハビリを取り入れることでもかなりの効果が期待できます。腰椎を支えているのは主に筋肉です。筋力をつけることが出来れば、腰椎が安定するだけでなく、脊柱管狭窄症の再発を防ぐことにも繋がっていきます。

そして、その人に応じて、内容やその仕方は人によって違いますが、術後のリハビリの仕方というものは必ずあるはずです。術後における正しい姿勢の他にしなければならないことを、自分なりに突き詰めていくことも大事でしょう。

ストレッチや体操、ヨガや水泳などを取り入れて、それを日課として毎日少しずつ実践すれば、脊柱管狭窄症の再発予防にもなり、また体の健康さを保つことにも寄与します。

仕事の上でどうしても腰への負担が避けられない、という方もいらっしゃるでしょう。また、そのようなケースでは鍼灸などに定期的に通って、脊柱管狭窄症を再発させないためにも、疲れを散らすことも有効です。

腰の筋肉が硬直しますと血行が悪くなり、その分腰だけが負担を大きくなってしまいますが、そのことを和らげるにも他の部位を積極的に鍛えると効果もあります。リハビリを用いる場合、特にストレッチの場合には入浴した直後が最適です。

忙しい場合はシャワーだけとは言わず、脊柱管狭窄症を再発させないためにも、是非半身浴などで体を柔らかくし、その後、十分にストレッチで体をやわらかく保つことが理想です。

術後直後から、毎日5分だけでも、という意識でやっていくのが、自堕落になってつい体力を損なってしまうことを抑止出来ます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら