TOP > 手術

手術

脊柱管狭窄症に発展しやすい病気とは?


主に腰椎や頚椎といった背骨の一部に発症し、激しい痛みや痺れを引き起こす脊柱管狭窄症ですが、原因には色々な種類があります。特に多いのが別の病気が進行したことによって発展するパターンで、そういった病気になった方は既に脊柱管狭窄症になっている可能性があります。脊柱管狭窄症に発展しやすい病気とは一体どういった病気なのでしょうか。

脊柱管狭窄症は腰椎や頚椎に発症する事がほとんどなので、必然的にそれらの部位に発症しやすい病気が脊柱管狭窄症に発展する病気ということになります。いくつか例を挙げるとすべり症や椎間板ヘルニアあたりは完全にを引き起こす病気です。すべり症は背骨を構成する椎骨が激しい衝撃を受けたり先天的に不安定な状態になっていたり骨が脆くなっている場合に発症する事が多く、何かの拍子に椎骨が本来あるべき位置から滑ってしまい、そのままの状態になってしまう病気です。

椎骨がずれたままになってしまうと周辺の組織を強く圧迫する形になり、最終的に脊柱管狭窄症に発展するというわけです。椎間板ヘルニアは椎骨と椎骨の間にある椎間板という緩衝材のような役割を持つ組織が長年の負荷などで破れてしまい中の組織が外に出てしまう状態を指します。外に飛び出した組織はそのまま周辺の神経を圧迫してしまい、圧迫が強くなることで脊柱管狭窄症にまで発展します。

これらの病気は脊柱管狭窄症と1セットになっているといっていいほど脊柱管狭窄症に発展してしまう事が多いので、この二つの病気のどちらかになっている場合は十分に注意する必要があるでしょう。ただしどちらも正しい処置を施せば症状を改善することはできますし、なったとしても症状は軽いもので済むので身体に何か違和感があったときは別の病気に発展しないうちに早めに病院に行って詳しい検査を受けてもらうようにしましょう。