TOP > ニュース/トッピクス > EXILE NAOKI 活動制限

EXILE・NAOKI発達性脊柱管狭窄症で活動制限


naoki
「EXILE Official Website」より引用

EXILEと三代目JSoulBrothersのメンバー、NAOKIさんが、「発達性脊柱管狭窄症(はったつせいせきちゅうかんきょうさくしょう)」と診断され、芸能活動を自粛することが、2012年1月25日のEXILE公式サイトで発表されました。

NAOKIさんは、生まれつき脊柱管が狭いことと、日ごろの激しいパフォーマンスが引き金となり、症状が悪化したと思われます。それでは、発達性脊柱管狭窄症とは一体、どのような病気なのでしょうか?

病名を初めて聞いた方は、あまりにも難しい病名なので、何か深刻な病気なのではと思ってしまう方もいるかもしれません。

発達性脊柱管狭窄症とは、背骨の脊髄が入るスペースである「脊柱管」が生まれつき狭く、そこが圧迫されることにより、激しい痛みや脚などにしびれが出る症状です。

脊柱管狭窄症とは基本的に高齢者に多い病気でありますが、若い方が症状を引き起こす原因として、NAOKIさんのように生まれつき脊柱管が狭い先天性のもの、もしくは激しいスポーツによる腰の疲労などが挙げられます。

治療方法としては、まず、急性期の痛みがある場合は安静にすることが求められます。急性期の痛みがある程度引いたら、基本的なリハビリとして、薬物療法や運動療法などを行い改善を図っていきます。

NAOKIさんは発表によると、数か月の治療が必要だと言われていますので、症状としてはかなり重いものだと思われます。いきなりのニュースにEXILEファンの方々は動揺を隠せないかと思います。

ですが、発達性脊柱管狭窄症はきちんと治療をすれば改善することが出来る病気ですので、NAOKIさんにはしっかりと治療に専念していただき、1日も早く元気な姿をファンの皆さんに見せてあげて欲しいと思います。以上、2012年1月25日における脊柱管狭窄症の緊急ニュースでした。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら