TOP > メニュー

メニュー

脊柱管狭窄症の人が取るべき食事について


脊柱管狭窄症は一度発症するとその痛みや痺れに苦しめられるだけでなく、長い時間を掛けて治療する必要が出たりと何か苦労することになる病気です。脊柱管狭窄症は日々の生活態度を改めれば十分に予防する事が出来るので、まずは普段の食事について考えるようにしてみてください。

脊柱管狭窄症は主に腰椎や頚椎の骨が何らかの原因で破損することによって引き起こされます。具体的には長い間背筋を曲げて生活することで腰椎や頚椎に多大な負担をかける生活を続けていたり、激しいスポーツや事故などで脊椎に多大な負荷が掛かってしまったなどが挙げられますが、そうした衝撃に負けない身体を作るためにも毎日の食事に含めれるバランスの良い栄養補給を欠かさないようにしていきます。

骨を作る食事の栄養素といえばカルシウムやカリウムは欠かせないので、毎日小魚や海藻類、牛乳など骨を形作るのに必要となる栄養素を補給して丈夫な骨を作っておきましょう。 そしてこうした栄養補給は脊柱管狭窄症になってしまった場合も治療のために有効です。脊柱管狭窄症はその激しい痛みによって患部周辺の筋肉が緊張状態となり、血流が著しく悪くなってしまいます。

その制度患部に栄養が行き渡らなくなり損傷の回復に余計な時間を費やすことになるので、血流がよくなるような食事からしっかりと栄養を取るようにすると、治療をスムーズに進める事が出来るといいます。例えば動物性の脂は適量ならば身体を動かすエネルギーとなりますが、取り過ぎは血液がドロドロになる元となるのでなるべく控えるようにしたり、食物繊維など血流をスムーズにする栄養素を多く摂り、食事の消化吸収を良くするように暖かい料理を食べるようにするのも良いです。

また、脊柱管狭窄症にはカルシウムやカリウムも骨の異常の回復に役立ちます。食事による栄養補給が中々できないという方は、普段の食事と一緒にサプリメントを摂るようにするなど工夫してしっかり栄養補給を行うようにしてみてください。毎日バランスよく栄養補給する事が出来れば健康な身体を維持したり取り戻す事が出来るようになると思います。