TOP > 名医 > 鈴木郁功先生

鈴木郁功先生について


脊柱管狭窄症についての情報をもっと得たいという患者さんは多いのではないでしょうか。しかし、いざ調べようとしても、なかなか確かな情報が得られず困っている方も多くいると思います。

また、脊柱管狭窄症という言葉自体が聞きなれないため、脊柱管狭窄症と診断されると、何かとても重い病気なのかと思ってしまいます。ですので、一体どのような病気なのか詳しく情報を得たいという方は多いことでしょう。

脊柱管狭窄症は人によって症状は様々です。腰の痛みを軽く訴える人もいれば、腰の激痛から足のしびれを訴える人。また、症状が酷くなると、歩くのが困難、立ち上がることも出来なくなってしまいます。

更に酷くなると、車椅子がないと生活が出来なくなってしまうほど、重度の方もいます。その場合、手術をするべきか、他の治療方法を検討するべきか、主治医と良く相談することが大切です。

その場合、患者側も脊柱管狭窄症について、色々な知識を身につけておくと、医師とのコミニュケーションも良く取れ、次の治療に対する選択などの話し合いで優位になります。

そして、この情報を得るための方法としては名著と呼ばれる書物を読むことを選択される方も多いでしょう。ふく書房から出版されている、鈴木郁功先生が監修された、"脊柱管狭窄症!これで痛み、しびれが消えた!"という著書は有名です。

タイトルの通りの説明がよく読み取れ、患者さんの中で読まれる本としてもかなり上位に食い込んでいるのではないでしょうか。

内容も脊柱管狭窄の痛みについての説明や、保存療法の効用、植物成分なども利用した脊柱管狭窄症の治療方法、自身の体験者インタビュー、患部が狭くなるメカニズム、脊柱管狭窄症が改善した方の経験談についてなど、バラエテイ豊かで興味をそそるものが多く載っています。

タイトルでごまかされてはならないという話は良く聞きますが、このようなタイトルとある意味で一体化したといえる本であれば読後の感覚も麻痺することなく維持することができるでしょう。

名医とその著書、というキーワードから本を探す方は多いですが、手っ取り早くもっとも売れている本の中から、という方もいらっしゃるでしょう。またその両方に合致しているこのような本はとても有効である可能性が高いと思います。

鈴木郁功先生は薬学博士でありながら、大学教授もされています。また、日本薬学会会員、日本生化学会員、日本癌学会会員、日本薬理学会会員、日本臨床免疫学会会員、国際漢方医学会会員、日本東洋医学会会員などを務めておられます。

その他にも、日本プロポリス研究者協会幹事、NASDA宇宙開発事業団『未来食、宇宙食』研究会委員、InternationalSocietyforTropicalEcologyに参加、などの素晴らしい経歴をお持ちの先生です。

このように鈴木郁功先生は脊柱管狭窄症の治療においてとても有名な先生ですが、その上をいくのが中川卓爾先生です。中川卓爾先生は延べ30年間で50万人以上の脊柱管狭窄症患者さんを完治させてきました。

当サイトでは鈴木郁功先生もお薦め致しますが、中川卓爾先生のこともより強くお薦め致します。下記より中川卓爾先生の公式サイトをご覧になれますので、ぜひ一度確認してみてください。とても画期的な治療法をご紹介しております。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら