TOP > 名医 > 専門医

専門医をご紹介


脊柱管狭窄症の専門医を探されている方は、腰痛ばかりではなく下肢のしびれや痛み、脱力感などを抱え悩んでいる方が多いでしょう。

脊柱管狭窄症の影響で、手や足にまで脱力感が及ぶと、自力での生活もままならなくなり、早い時期に処置をしたいのは山々でも失敗することを恐れている方も中にはいらっしゃるでしょう。

間欠性跛行になると、長い間歩くことが出来なくなり、また途中で痛みや痺れを起こして回復を待つ、などの不便が生じます。また、間欠性跛行が続くと、実際に連続して歩くことが出来る距離もだんだんと縮まってしまいます。

このような状態になりますとかなり不安も大きくなるものですから、脊椎の専門医などに診てもらうか、脊柱管狭窄症の経験の豊富な医師を探したいと思うでしょう。

そして、脊柱管狭窄症には神経根、馬尾、混合、と3つのタイプがあります。神経根型では背骨から出る神経根が圧迫されることで片方の足に痛みや痺れが出るようになり、また馬尾形になりますと馬尾が圧迫されて両足にしびれや痛み、麻痺などが出ますし、排便にも障害を起こすことがあります。

このような酷い脊柱管狭窄症の症状は、すべり症から発症するケースも多く、原因をよく知ってその原因から治すためにも脊柱管狭窄症の専門医の診断を仰ぎたいと思うのも当然でしょう。

また保存療法で、整体や鍼灸などでも脊柱管狭窄症の名医と呼ばれる方がいますが、地方から通われるなどの場合にはなかなかふんぎりが着かない、通うのが大変だというケースも多いようです。

その中でも特にお勧めの脊柱管狭窄症の専門医が中川卓爾先生です。この先生は愛知県の豊田市と東京の高田馬場で治療院をやっています。何がお薦めなのかというと、手術などを一切せずに自己の自然治癒力だけで脊柱管狭窄症を治してしまうところです。

また、実績もとても素晴らしく、30年間で50万人以上の腰痛患者を救ってきており、脊柱管狭窄症で悩んでいる患者さんも延べ1000人以上救ってきた先生です。

ですので、仕事などで長く入院することが出来ない場合には、困ってしまいますので、短期間で脊柱管狭窄症を治す専門医、中川卓爾先生ににかかりたいものです。

また、ご自宅で脊柱管狭窄症を改善させる治療セットなども、インターネット上で販売されておりますので、治療院まで通うのが難しい方は、そちらを一度、チェックすることをお薦め致します。

そして、脊柱管狭窄症の名医や専門医がいる整形外科を探すことが出来た場合、よく医師に相談をし、円滑なコミュニケーションを図ることがまず大切です。

すぐれた脊柱管狭窄症の治療方法とはいえ、それを導くための努力も必要です。それによってより適切な方策を見つけることが出来る場合は多々あります。コミュニケーションを円滑にするためには出来るだけ近い場所で探すことも効果があります。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら