TOP > 名医 > 名古屋で探す

名古屋の名医をご紹介


椎間板ヘルニアと並んで2大腰痛と言われる脊柱管狭窄症では、症状が一向に改善しないなどの場合、脊柱管狭窄症の名医を探して治療を受けたいという方は多いでしょう。

悪化して日常生活をするのもままならないような症状になりますと、ブロック注射などをして痛みをごまかしながら懸命に働くことを続けるのは限界があるものです。

また、ブロック注射は神経根を刺激している部分に注射を打ち、一時的に痛みをブロックするだけの対処療法なので、根本からの治癒を望むことは出来ません。

また、脊柱管狭窄症に対する保存療法を続けても完治することは稀で、最適な治療方法が手術であると認知され、手術以外には方法が無いため、よりよい結果をもたらすことを願って、脊柱管狭窄症の名医の処置を受けたいと考えるのはうなずけます。

都市部にはやはり脊椎の専門医が多くあります。西日本ではやはり名古屋や大阪で探すという方は多いでしょう。国立病院や警察病院には多くの脊椎専門医があり、地方の医師から紹介をしてもらって診てもらう方も多く、また地元の患者さんも多いようです。

地方の方も出来るだけ交通の便の良い病院を選択して脊柱管狭窄症の治療に通われている方が多いようです。脊柱管狭窄症は人によって症状も違うものですが、西日本の関西以外の方でもきちんと症状を伝え、より良いコミュニケーションを実現して改善に向かうことができるでしょう。

名古屋で脊柱管狭窄症の名医を探すという場合、ネット検索を利用するという方も多いでしょう。地方での紹介を受ける場合でも得られるのは限られた範囲の情報になりがちです。

また、名古屋で名医を探しているのであれば、中川卓爾先生がお薦めです。中川先生の治療院は愛知県豊田市にあり、名古屋からは少し離れてしまいますが、それでも通う価値はあるかと思い思います。

何故なら、中川先生は30年間で50万人以上の腰痛患者さんを改善させてきた実績を持っているからです。しかも、手術や薬物療法などは一切せず、運動療法だけで腰痛患者さんを改善させていきます。また、医者の手には負えず見放されてしまった、重症患者さんも多く救ってきています。

例えば、脊柱管狭窄症と診断されたのち、巨大ヘルニアが3つも見つかり、手術も困難、車椅子生活を覚悟してくださいと医師から宣言された方、ブロック注射を述べ60回打っても改善しなかった方、このような重症な患者さんも延べ1000人以上救ってきている名医です。

もし、あなたも脊柱管狭窄症で悩み、本物の名医を探しているのであれば、一度、中川卓爾先生を調べてみることをお薦め致します。また、遠方で通えない方も、自宅で脊柱管狭窄症を改善出来る治療セットなどもインターネット上で販売していますので、そちらもチェックすることをお薦め致します。

また、その他の例として日本脊椎脊髄病学会の指導医検索というサイトがあります。関西圏で見つからないというケースはあまり無いでしょうけれども、名古屋ばかりではなく日本全国の情報を探すことが出来ます。

特に手術の設備の整った大きな病院や脊椎の専門医が多くある病院、と色々な方法で探すためには便利です。また、名古屋にもかなりの数のペインクリニックなどがあります。

また、名古屋自然形体センターでは脊柱管狭窄症の様々な症状にたいして自然形体療法という方法を用いて治癒しているとのことですが、手術以外でも方法があるかもしれないということで期待を寄せる方も多いようです。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら