TOP > 名医 > 名医

数少ない名医をご紹介


脊柱管狭窄症の主な特徴としては腰や足部の痺れや痛み、そして、しばらく歩くと歩けなくなり、休めばまた歩くことが出来るといった症状です。

このような、脊柱管狭窄症の症状を間欠性跛行と言いますが、この辛い状態から一刻も早く脱出したいという方も多く、また、そのためには脊柱管狭窄症の名医を探すべき、と考える方も多いでしょう。

名医とは大勢の方がかかり、そして、その誰もが回復することが出来たというような、いわば神的な存在のことですが、日本にも数多くの脊柱管狭窄症の名医がいます。

その中でもやはりもっとも信頼される立場にあるのは、脊柱管狭窄症の手術を専門とした名医ではないでしょうか。薬や注射の投与、といったことでは改善されなかったような酷い状態を切開し、脊柱管狭窄症を治してしまうというのは並大抵ではないでしょう。

日本人の高齢者にとっては、かなりかかる確立の高い脊柱管狭窄症ですが、整形外科、その中でも脊柱管狭窄症に詳しい専門の医者を探す方は多いようです。

脊柱管狭窄症の手術のポイントはやはり通院とは違い、入院しなければならないということです。そのため、仕事があるからずっと手術を延期していたという方も多いでしょう。

また、よく医者に相談をすることも必要ではないでしょうか。どれだけ腕のある医者であっても、その患者一人一人の状態の違いを把握出来なければ、失敗する確立も残されていると言っていいと思われます。

日常生活での状態から、退院までの予定についての希望などを詳細まで全てを丁寧に説明することで、より良い脊柱管狭窄症の手術や入院生活が出来ることと思います。他にも大事なこととして、脊柱管狭窄症の手術を受けるまでの通院や治療の履歴をはっきるさせることだと思われます。

他にも鍼灸のツボ治療を受けていたことを忘れてしまい、そのまま手術を受けるということはやはり不安だと聞きます。このような不注意を招かないためには、よく担当医の質問を聞くことではないでしょうか。

また、気になることがあった場合にも、進んでそのことを告げることも大事です。担当の医師との上手いコンビネーションによって、脊柱管狭窄症の改善に向かっていくということが出来ることでしょう。

ですが、脊柱管狭窄症の手術には大きなリスクが伴います。現に、脊柱管狭窄症の手術をした90%以上の方が痛み、しびれを再発してしまっているからです。これは、脊柱管狭窄症の名医と呼ばれる方が執刀してもさほど変わりません。

そこで、ご紹介したいのが手術などを一切せずに、多くの脊柱管狭窄症患者さんを救ってきた名医、中川卓爾先生です。

中川卓爾先生は一般患者だけでなく、阪神タイガースのトレーニングコーチ、日本女子プロゴルフトレーナーなども務め、一流のアスリートの体のコンディションも手掛けている先生です。

中川卓爾先生は医者から見放された、多くの脊柱管狭窄症患者を救っています。その数は、およそ30年間で50万人以上とも言われています。車椅子生活をしていた方や、巨大ヘルニアで手術が出来ないと言われた方などを、短期間で改善させている実績をお持ちですので、名実ともに名医と言えます。

もし、脊柱管狭窄症の手術をしようか悩んでいる方は、一度、中川卓爾先生の治療法を試されることを強くお薦めしたいと思います。

また、治療院まで出向かなくても、ご自宅で脊柱管狭窄症を改善させる教材も販売されていますので、興味のある方はぜひ一度、中川式治療法のサイトをご覧になることを強くお薦めしたいと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら