TOP > 名医 > 福井先生

福井先生について


国際医療福祉大学付属三田病院副院長である福井先生は、脊柱管狭窄症を知る方、症状を持っている方の中で、福井先生を知らない方はいないとまで言われる名医です。

神の手ととも呼ばれるその腕は、1200を越える腰痛患者のために執刀したという経歴をお持ちです。有名な手術では売れっ子芸能人の、みのもんたさんの執刀が有名です。

手術中でもカメラが廻ったといいますし、今では脊柱管狭窄症はみのもんた病などと呼ぶ方も多くなってしまったようです。またその他にも、ビリーバンバン柄本明さんなども脊柱管狭窄症にかかったことがあるようです。

まさに、脊柱管狭窄症の名医と言っても過言ではないでしょう。脊柱管狭窄症で手術を考えなければならないような方であれば、名医にかかりたいと思うのは常です。

そして、出来れば福井先生のような素晴らしい名医に診てもらいたいと思うことでしょう。福井先生は、脊椎脊髄外科、つまり頸椎や腰椎疾患の日本を代表する権威です。

日本全国、そして海外にも治療を受けたいという希望者がいらっしゃいます。福井先生によれば、日常の診療においては、坐骨神経痛を訴えている患者の約90パーセントは椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症が原因であるとのこと。

そのような状態になるまで放っておいて不安を抱えている方でも、十分に復帰する可能性は残されているとおっしゃいます。

また、約1200の執刀経験があり、患者とその家族には分かりやすく説明をし、医師と患者がかならず納得がいくように施術を心がけているとのことです。

適切な脊柱管狭窄症の治療をしっかりとすれば、改善するということが、福井先生の治療に関するポリシーであると言っていいでしょう。

またより効果的な脊柱管狭窄症の治療をするためにも、日本脊椎脊髄病学会で認定されている脊椎の専門医を探して、出来るだけ早期に正しい診断を受けること、このことこそが、効果的な治療に繋がるとおっしゃっています。

福井先生はもちろん著書もあります。最近では、お尻から脚が痛い『坐骨神経痛』の治療法 元気に歩けるようになる!などが有名です。

福井先生はこのように脊柱管狭窄症の治療においてとても有名な先生ですが、その上をいくのが中川卓爾先生です。中川卓爾先生は延べ30年間で50万人以上の脊柱管狭窄症患者さんを完治させてきました。

当サイトでは福井先生もお薦め致しますが、中川卓爾先生のこともより強くお薦め致します。下記より中川卓爾先生の公式サイトをご覧になれますので、ぜひ一度確認してみてください。とても画期的な治療法をご紹介しております。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら