TOP > 名医 > 手術の名医

手術の名医をご紹介


脊柱管狭窄症は痛みやしびれがそれほど重くはない、という場合は保存療法を用います。また、脊柱管狭窄症の保存療法には鎮痛剤やブロック療法、リハビリなど様々な方法があります。

脊柱管狭窄症の症状が重くなる前に十分な処置をするためには、医師や専門医のいうことを良く聞き、自分の症状についても間違いのないようにきちんと伝える努力が必要です。

また、脊柱管狭窄症の痛みは足の痺れなどが断続的に起きたり、歩行障害が出ることも多々ありますが、このようなケースでは手術をすることが多いです。

この歩行障害のことを、間欠性跛行と言いますが、一つの基準として100メートル程の距離を歩けなくなる場合、手術を検討することが多くなるようです。

脊柱管狭窄症の手術を行う場合、大抵は担当医に執刀してもらいますが、なかなか難しい症状ということもあり、脊柱管狭窄症を専門としている医師をあてにする方も多いようです。

特に仕事をしている方などは、仕事に早々に復帰することを考えて手術を決断される方が多いです。では、どのような医師を脊柱管狭窄症の名医と言うのでしょうか?

沢山の難病を完治させたという医師でしょうか。また、1つの症状について適格な処置ができ、改善させることが出来る医師でしょうか。

その人によって、基準がそれぞれ違うかと思います。脊柱管狭窄症は腰痛の症状の1つですが、症状が比較的軽い場合には、リハビリや運動をすることで筋肉を鍛えることが早い改善に繋がります。

このような努力をすることなく、ただ手術を受けるという場合、一定の高い効果はあっても、改善が遅くなることは目に見えています。残念ながら脊柱管狭窄症の手術をした9割以上の方が3ヶ月以内に痛みやしびれが再発してしまっている現状があります。

やはり、脊柱管狭窄症の手術をする場合、医師に相談をしながら術後のことを念頭に置いて、よく考えることが必要です。

脊柱管狭窄症の手術の名医を探す場合、知人の紹介や医師の推薦などの場合が多いようですが、他にもインターネットなどでの検索結果をあてにするというケースも多くなっています。

インターネットをよく知っている患者さんであればメリットもあると思いますが、やはり偽情報などに騙されないようにする注意が必要になってきます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら