TOP > 名医

名医

脊柱管狭窄症の手術を受けても再発率が高い理由


脊柱管狭窄症の手術は、成功する確率が高いと医師はよく言います。しかし、医師の腕にもよりますが、それでも成功する確立は低いように思えます。脊柱管狭窄症の再発の確率が高いので、脊柱管狭窄症になった場合、手術を渋る人が非常に多いです。手術自体は成功しやすいです。また、医師にもよりますが、しっかりとしてくれるところで手術をすることで、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを取り除くことが出来るでしょう。

ただ、上記でも説明したように脊柱管狭窄症は再発率がかなり高いです。しかも、前の状態よりも深刻になる場合が在りますので注意しないといけません。ですから、脊柱管狭窄症の手術をする場合はよく考えてするようにしてください。ただ、一つ注意があります。確かにすぐに脊柱管狭窄症が再発する場合も在りますが、しっかりと対処していれば問題こともあります。

それに、再発率が100%と言うわけではありません。再発しないことも在ることを忘れないようにしてください。基本的に再発する主な原因が筋肉の低下などです。それに、手術のやり方にもよりますが、正常な状態とは違う状態に体が在ることが問題になっています。まず筋肉低下ですが、これは単純に入院などで筋力が下がっているからでしょう。リハビリなどで回復させることができますが、うまくリハビリをしていかないと筋肉が低下したままで再発してしまうのです。

次に、前と違う状態と言うのは、例えば切除系の手術をすると少なからず切除をしないといけません。本来あるものが無い状態だから耐えられなくて再発することが在るでしょう。 このような理由などで、脊柱管狭窄症の再発率は高いのです。必ず再発するわけではありませんので、よく考えて手術や治療をしてください。