TOP > 治療方法 > サプリメント

サプリメントを飲んでもほとんど効果はない


脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなっておこる症状です。そして、脊柱管狭窄症の治療には栄養補給は欠かせません。また、サプリメントを多用して健康を維持しようとする考え方と同じように、脊柱管狭窄症に効くサプリメントが存在するのではないかと思う方は多いようです。

しかし、医師に聞いても同じような答えが返ってくることと思いますが、あくまでも現状の身体状況を維持するためのものと考えるほうが無難のようです。

あくまでも脊柱管狭窄症の治療とは別に、今以上の症状を増やさないためにサプリメントを補給し続けることは大切であると考える方が正解でしょう。

しかしながら、脊柱管狭窄症になると骨を形成したりするための力が余分に必要になるケースもありますので、そのことを考えてサプリメントを補給することは大事でしょう。

骨形成に欠かせないビタミンDや関節軟骨、結合組織の構成成分であるコンドロイチン、コラーゲン、筋肉をつくるプロテインなどを定期的に摂取するのが効果的です。

疲労物質を分解するビタミンB1や、血行を改善するビタミンE、イチョウ葉エキスや末梢神経の傷を回復させる効果のあるビタミンB12、そして弛緩作用があるマグネシウムなども効果があるでしょう。

ビタミンB1、ビタミンD、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、コンドロイチン、コラーゲン、カプサイシン、杜仲茶、イチョウ葉エキス、これらが効果的に摂取出来るようなサプリメントを選択出来るようになればいいでしょう。

サプリメントを補給したら、それらを栄養として効果的に取り込むためにも、全身運動を行うことも大事ですし、基礎体力を高め、筋力もアップさせることが大切でしょう。

水中エクササイズでほどよい疲れを感じ、汗をかき、ほどよい筋肉の鍛錬を続けることはとても効果的です。またサプリメントばかりでなく、メインの食事をきちんと摂りながら、自然な食事で必要な栄養素を補給出来ることが一番良いと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら