TOP > 治療方法 > ストレッチ

脊柱管狭窄症はストレッチで治すことができる


脊柱管狭窄症にはストレッチはとても有効です。実践をしていくと、体のアンバランスが戻るだけでなく、筋肉がほぐれ、血流が良くなることにより、治療効果として、とても高い期待が出来ます。

ストレッチと聞くと、全身をよく曲げたりするものがイメージされますが、脊柱管狭窄症は腰を反らすような動作は厳禁ですので、脊柱管狭窄症に効果のある専用のものは、決められた動作を繰り返すだけのシンプルなものが多いです。

脊柱管狭窄症に効くストレッチは、股関節の筋肉をほぐし、腰椎への負担を減らすものや、背中の筋肉をほぐして血行を高めるものなど、様々なものがあります。

あまりに痛みを感じる場合は厳禁ですが、ちょっとした痛み、実感の多少あるような疲れを伴うものは、脊柱管狭窄症にとても効果がありますので、継続させることが大事です。

また、柔軟体操の基本でもある、座った状態で頭の先を足につける体操もとても効果があると言われます。脊柱管狭窄症のストレッチは、ほとんどがシンプルなものが多いのが特徴です。仰向けでするもの、うつ伏せでするものも多くあります。

また、自分で気になる部位があれば、痛みの無い範囲で試してみることが良いです。しかし、すぐに効果が明確になるということはなく、だんだんと効いてくる、というような特徴を持つのも、ストレッチです。

そのため、長続きしない方もいらっしゃるようですが、途中で止めてしまっては意味がありませんので、医師や専門家とよく相談をして、体の変化を診てもらいながら、意識して行うというのも1つの方法です。

脊柱管狭窄症の治療では、診られない部位を健康に保つ役割が大きく、その範囲はやはり医師も期待している部分であると考えることができます。

また、軽い運動をして新陳代謝を促すことも効果があり、よく薦められます。脊柱管狭窄症は痛みの無い時には安静にすることももちろん大事ですが、あまり疲れを残さないようにしながら運動をすることが大事です。

ベッドの上で、ストレッチを日課にされているという脊柱管狭窄症の患者さんも多くいらっしゃいます。また、毎日実践していると、自然と筋肉や腱が強化されていき、再発を起こさない体を作ることが出来ます。

全身のバランスを整えたり、血行が良くなったりと、このような効果も大いに期待できますが、高齢者にとってなかなか難しい筋力の強化に役立つのです。

ですので、出来るだけ毎日継続してやる習慣を身につけることで、脊柱管狭窄症の症状の緩和だけでなく、再発を防ぐことに繋がっていきますので、継続して実践することをお薦めしたいと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら