TOP > 治療方法 > 腹筋治療

脊柱管狭窄症に腹筋治療はとても効果的です


脊柱管狭窄症は手術しかないと考えられがちですが、よほどの重症でない限り、手術以外の方法を選択することをお薦め致します。

手術以外の選択肢としては、保存療法、運動療法、投薬療法、牽引療法などがありますが、いくつか複数の療法を平行して行うことで、自己代謝能力を上昇させたり、筋肉を鍛えることにより、脊柱管狭窄症の改善を図ることができます。

特に運動療法は、非常に重要な要素を含んでおり、その中でも腹筋運動は、症状を改善するためにも不可欠なものになります。

脊柱管狭窄症は腰を反らせると痛みが出てきますが、逆に腰を曲げると痛みが減るという特徴があります。ですので、腰が痛いときに腹筋運動を行っても逆効果のような気もしますが、脊柱管狭窄症の場合は、とても有効に働きます。

そして、脊椎を支える腹筋を鍛えることで痛みを抑え、最終的には症状を改善していくことも可能となります。もちろん痛みが激しい時は安静にしたほうが良いので、症状の進行具合を確認しつつ、無理が出ない範囲で行うと言うのが絶対条件です。

また、脊柱管狭窄症には、腰方形筋、大腰筋、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋等を鍛えると、とても効果があります。どれも骨に掛かる負荷を最小限に抑えたり、脊椎を支えたりと、多くの場面で活躍してくれる筋肉です。

鍛え方もそれぞれに対応したものから、腹筋全体まで鍛えられるようなトレーニングもあるので、担当の理学療法士や専門医に相談をして、自分に合ったトレーニング法を見つけ、実践していくようにしてください。

また、脊柱管狭窄症のトレーニングにはインナーマッスルを鍛えるのが一番効果があると言われていますので、インナーマッスルをよく鍛えることがお勧めです。

インナーマッスルを鍛える運動は脊柱管狭窄症だけに限らず、椎間板ヘルニアやすべり症、腰椎分離症を治療するときにもよく行われていて、腰痛全般にとても高い治療効果があります。

脊柱管狭窄症はしっかりと治療すれば確実に治すことのできる病気です。手術は確かに痛みもすぐ引くかもしれません。ですが、再発する可能性が高い上、リハビリに多くの時間が取られます。

末期ならば仕方がありませんが、それ以外の場合は多少時間が掛かっても、その他の方法で治療していくことを強くお薦めしたいと思います。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら