TOP > 治療方法 > 整体

整体は本当に効果があるのか?


腰の痛みが目立つようになり、レントゲン検査を受けたところ、脊柱管狭窄症と診断された場合、多くの方は薬や湿布、牽引などの保存療法で改善を試みていきます。

しかし、保存療法ではほとんど改善が見られないため、整体などを取り入れて、脊柱管狭窄症の治療に励むという方は非常に多いです。

また、その他の脊柱管狭窄症に対する治療を続けても、結局改善されず、最終的に手術しか方法が無いなどと言われてしまう方も多くいます。

脊柱管狭窄症は症状が悪化すると、歩くことも出来なくなってきます。そうなる前に、自分で評判の良い場所を見つけ、自分に適していて、尚且つ、正しい脊柱管狭窄症の治療をしてくれる場所を見つけることはとても重要です。

その際、整体などを利用する方はとても多いです。整体は主に、骨盤を整え、坐骨の調整を行います。ですが、外部からの圧力を利用して、骨格を整えるというイメージは、痛そうなイメージが強く、敬遠される方も多くいます。

ですが、脊柱管狭窄症に適した施術をしっかりと行うところがあれば、通い続けてみることはとても良いと思います。

また、初診で行った場合、まずは長年蓄積した筋肉の疲労、疲れを取り除くことから始ります。この場合、筋肉を揉むなどの圧力療法ではなく、自律神経に対して働きかけるような、回復力を手助けする療法を用いるところが多いようです。

整体は通院を何度も重ねなければ効果は期待できないだろう、と思われる方も多いようですが、実際一回でかなり効果を感じることが出来たという方も多くいます。

筋肉をほぐした効果で一時的に脊柱管狭窄症の痛みが消えたという場合も多いようですが、方法としては効果がかなり期待できる、という風に自然に実感できる方も少なくないようです。

しかし、整体は間違った施術を行うと、脊柱管狭窄症の症状を悪化させてしまうケースが多くありますので、施術を受けるときは注意も必要です。

その理由としては、腰痛に一番大事な足から施術をするところが少ないからです。脊柱管狭窄症に限らず、腰痛や首痛、側弯症などを整体で治すには、体の土台となる足のバランスから整えなくてはなりません。

その理由は、人間の体は積み木と同じ原理で出来ているからです。家が傾いたら土台から正すという考えが当たり前に起きるように、人の体も土台である足から正していかなくては、根本的な解決にはなりません。

よく、施術を受けても2~3日で痛みがぶり返してしまうのも、このことが原因です。土台である足を診ないで、体の上部ばかりいくら施術をしても、土台のバランスを治さない限り、すぐに体はアンバランスに戻ってしまいます。

もし、足を診ないで上半身ばかりの施術をしているところがあれば、そこは間違ったやり方をしていますので、出来るだけ通わないようにした方が懸命です。

ですが、あなたがそれでも一時的に楽になり、対価に見合った治療をしてくれていると感じているのであれば、継続的に通うことも良いでしょう。

しかし、土台である足のバランスを正さないことには、いつまで経っても脊柱管狭窄症が治ることはありませんから、そこの部分だけはしっかりと頭に入れておいてください。

また、整体を受けるときは必ず、自分の脊柱管狭窄症の状態を担当してくれる方に伝え、自分の症状でも改善出来る見込みがあるのかを確認することがとても大切です。

また、脊柱管狭窄症の患者さんが、そこの整体院にどの位通われていて、実際に改善されているのか、お客様の声を確認することもとても良いでしょう。

脊柱管狭窄症は一つ間違えると、整体で症状が悪化してしまうケースが多くあります。ですので、自分の症状に適した治療が出来るのかを確認してから、受けるようにしてください。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら