TOP > 治療方法 > 理学療法

理学療法について


脊柱管狭窄症で保存療法を用いる場合、薬物や理学療法、装具や神経ブロックなどから選択することになります。どの方法を選択するかは医師の診断やコミュニケーションをした上で、最終的には医師が決断する場合が多いでしょう。

また、保存療法と言いますと根本的な痛みの改善に繋がらない、という方も多いようですが、経験した方であれば諦めることは簡単でも、初めて脊柱管狭窄症の治療を受ける場合には、上手くいくケースも多々ありますので、チャレンジしてみるという方ももちろん多くいらっしゃいます。

理学療法は血行を良くし、筋肉の痛みを和らげる効果を導き、脊柱管狭窄症にはとても有効な方法です。

ホットパックや牽引などが主なものです。ホットパックは温熱効果によって患部の血行を改善し、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを解消します。

また、体の芯から温める効果があり、全身の健康にも優れた効き目があります。自宅でも毎日気軽にでき、脊柱管狭窄症の症状が改善したという方も多いようです。

ホットバックは痛みや副作用がなく、また暖かさによって心地よくなることで脊柱管狭窄症の方には人気が高い治療方法です。

ですが、ホットパックばかりに頼っているのでなく、痛みが改善してきたら、筋力強化を積極的に行うようする必要があります。

ホットパックで血流の改善がなされたとしても、腰椎周りの筋力をある程度強化していかないことには、脊柱管狭窄症を何度も再発してしまう恐れがあるからです。

また、脊柱管狭窄症の理学療法として、牽引があります。牽引とは下肢を引っ張る、と簡単に説明することが出来ます。

上半身を固定した状態で下肢をひっぱり、骨の状態を改善することが目的ですが、牽引によって脊柱管狭窄症の症状が悪化する例も少なくないようです。

もし、牽引によって脊柱管狭窄症が悪化したら、すぐに医師に申告して中止するようにしてください。そのまま我慢して続けてしまうと悪化してしまう恐れがあります。

また脊柱管狭窄症において、牽引を勧める医師もあれば、そうでない医師もある、という風にどちらにしていいのか迷うという例も少なくないようです。

一度経験するぐらいでは脊柱管狭窄症の症状がそれほど変化することは無いでしょうから、その後、調子が良くなったようであればそのことを医師に告げ、また継続する意義があるかどうかなどもよく考えて実行するの良いでしょう。

理学療法は他のブロック注射や鍼灸などに比べて比較的軽いイメージになりますが、それだけのことで安心せずに、よく症状を見極めていくことが必要でしょう。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら