TOP > 治療方法 > 運動療法

運動療法について


脊柱管狭窄症は老化が原因で主に発症します。また、脊柱管狭窄症には様々な治療法がありますが、特に筋肉を鍛えることが重要になってくる場合が多いですので、運動療法を取り入れるケースが多くなってきます。

予防ばかりではなく、脊柱管狭窄症の治療にも取り入れて効果を出すことが出来る方法の一つです。

それほど、脊柱管狭窄症の痛みが無いときに限られますが、それだけそういったチャンスを有効に利用することが肝心でしょう。

筋力の低下や姿勢の悪化など、脊柱管狭窄症の治療をしていくうちに、より悪くなる傾向の強い部位は多くありますが、このような部位には最も効果があります。

脊柱管狭窄症の改善のためには血行を良くするためのストレッチなどもお勧めです。

また、普段あまり運動をされないような高齢者の方にとっては逆効果になる場合もありますので、注意が必要です。

脊柱管狭窄症の症状のひとつである、間欠性跛行が出ている方は、前かがみになってしか歩けないという場合には自転車に乗ることが勧められます。

しかし、公道を走ったりするよりも、庭や公園などの安心な場所での利用が条件になるでしょう。

また、コルセットをすれば脊柱管狭窄症の痛みは少し楽になりますが、コルセットで固定した部分はなかなか鍛えることは出来ません。

この場合は、脊柱管狭窄症の痛みが無いときにある程度の運動療法をするのも効果があります。運動療法は腰には多かれ少なかれ負担をかけます。

腰以外での部位ではそのようなことはないですが、腰は体の動作にとってポイントとなる部位です。そのため、水泳などはとても良いと言われています。

浮力を利用することで腰への体重の負荷が無い状態で、水中歩行などをすることは全身の筋肉を鍛える効果が望めます。脊柱管狭窄症の運動療法は自宅でももちろんできます。

仰向けになってできるものも多く、その方法もいたってシンプルなものが多いようです。また、効果を出すためには、このような療法を毎日定期的に行うことが基本になります。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら