TOP > 治療方法 > 薬物療法

薬は一時的に痛みを抑えるだけの麻酔です


脊柱管狭窄症にかかりますと、脊柱管を通る神経を圧迫してしまいます。そして、しびれや痛みなどが起こってきます。この痛みをとるためにまず薬を用いるケースが多いですが、消炎鎮痛剤や降圧剤、血流改善剤などがよく使用されるものです。

また、非ステロイド性消炎鎮痛剤、内服薬、貼付薬、塗り薬なども多用されます。血管を広げる作用をも持つのが循環障害改善剤ですが、脊柱管狭窄症で狭くなった血管を広げ、血流を効果的に改善させることが主な目的です。

脊柱管狭窄症に効果的な保存療法として知られるブロック療法では局所麻酔薬を神経やその周りに直接注射をします。その目的はまず、筋肉の緊張を解き、また神経から脳への痛みの伝達信号を遮断してしまうことにあります。

その後、血行が改善され、患部へ血によって栄養が運ばれますので、自然治癒の効果がはっきりと出てくる結果が多く、痛みも長い間発生しなくなるケースも多いようです。

ですが、あくまでブロック療法とは、圧迫されている神経の伝達回路を断って、痛みを一時的に抑えるだけのものです。いわば、麻酔と同じ役割です。ですので、それで脊柱管狭窄症が治せるかというとそんなことはないのです。

そこのところを良く理解して治療を行わないと、思った以上に効果を感じられず、残念な結果に終わってしまうことも考えられます。また、経験が浅い医師によっては、神経の場所を間違えてしまい、返って、脊柱管狭窄症が悪化してしまうケースも多々あるようです。

ですので、ブロック療法にはかなりのリスクがあることと、脊柱管狭窄症を治すための根本療法になることはないということを知っておくことが大切になってきます。

このように保存療法の中にも色々と種類がありますが、その中でも薬物療法は特に痛みをはっきりと改善することが出来たという例は多く、一度の処置で痛みは全く出なくなったという場合もあります。

ですが、このような結果は早期発見をした方に特に多いようです。やはり、脊柱管狭窄症は早期治療をすることで、改善の度合いも大きくなります。

仕事などでなかなか脊柱管狭窄症の治療が出来ないという方も多いかもしれませんが、レントゲンでの診断を受け、また医師とのある程度のコミュニケーションをし、保存療法を選択出来るような段階になるまでの時間を割くことはどんな患者にとっても望ましいものでしょう。

後々になって薬だけでは処置が出来なくなるという方は多く、また内視鏡手術だけで済むのであれば3日程度で退院が許可されても、切開が必要なほど症状が進行しますと、仕事どころではなくなってしまいます。

特に肉体労働をされている場合などは退院してもなかなか仕事の許可はおりないでしょう。早い発見と早い治療とは、薬物療法で痛みを抑え、効果的なトレーニングをすることといってもいいでしょう。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら