TOP > 治療方法 > マッサージ

マッサージは本当に効果があるのか?


脊柱管狭窄症の治療法は一般に保存療法と外科的療法に分けられます。脊柱管狭窄症の保存療法では患部に手術のような変更をすることなく、その周囲の健康を高めたり薬物で痛みを緩和したりと様々な対処を施します。

また、日常生活をする上で支障のない場合にはリハビリテーションや運動、装具を装着するなどの保存療法を用います。

また、神経根症状がある脊柱管狭窄症患者の場合、継続してリハビリをすることによって、症状の進行、悪化を防ぐことができる場合が多くあります。

脊柱管狭窄症のリハビリは、ホットパックなどの物理療法の治療やマッサージなどによって、筋肉の緊張を軽減させ、血流を改善し、痛みやしびれといった症状を抑えるものがあります。

また、骨盤体操などをペアさせることで、より高い効果を望むことができます。痛みや痺れを軽減させるには、まず血行を良くして患部に栄養が行き渡るようにします。

血行が良くなることで、痛みが和らぐ効果があります。また場合によっては、鍼灸を併用することも珍しくありません。

マッサージが終わると、足を動かし、足首や膝、股関節のあたりまで、ストレッチをしながら動かしていき、血行の改善を確かめ、また痛みなどがないかも確認します。

また、脊柱管狭窄症専用のストレッチも欠かせません。寝たままで出来るような簡単な脊柱管狭窄症のストレッチを試行します。

このように色々な保存療法と併用することでその効果がアップします。マッサージを受けたら、自宅でも簡単に出来る、脊柱管狭窄症の体操などを教えてもらい、実践されるととても良いでしょう。

マッサージは自然治癒療法の中でも基本の部類に入ります。マッサージで脊柱管狭窄症がある程度改善をしたら、次には運動や体操などを取り入れるようにします。

あまり激しいものは厳禁ですが、それでも多少の汗をかいたり、筋力をアップ出来るようなものを取り入れながら、正常な身体に戻すことが推奨されます。

筋力アップを図ることによって、腰を支えている筋肉や腱を強化することが出来れば、それだけ脊柱管狭窄症の早期改善にも繋がっていきます。

急性期の痛みが強い場合は安静にする必要がありますが、痛みがある程度引いているのであれば、積極的に取り組むことをお薦めします。

もし、現在通っているのが病院でしたら理学療法士、治療院や接骨院でしたら担当の治療家に正しい方法を教わってから取り組むようにしてください。

独学や間違った方法で取り組んでしまうと、返って脊柱管狭窄症を悪化させてしまう原因になる可能性もありますので、注意が必要です。

また、脊柱管狭窄症の場合、マッサージで楽になる方も入れば、逆に症状が悪化してしまう方もいます。ここの見極めが大変難しく、施術をする前に必ず状態を説明し、自分は施術を受けていいものなのかを確認することが大切です。

もし、施術を受けて症状が悪化するようでしたら、すぐに中止して別の治療方法に切り替えるようにしてください。痛みを我慢して無理にうけていると更なる悪化に繋がることもありますので、注意が必要です。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら