TOP > 治療方法 > 費用

治療費用はどの位かかるのか?


脊柱管狭窄症にかかる費用は、治療方法で値段が大きく変わってきますし、その人の症状によって、どの程度の期間で治癒することができるかにもよって、変わってきます。

平均的な費用は一人当たり、数十万と言われていますが、発見が早かったり、初期の症状などであれば、比較的安価でおさまると思います。

ですが、脊柱管狭窄症患者さんのほとんどは、中度~重度の方が多いので、治療にかかる費用は多く見積もって考えておいた方が良いと思います。

脊柱管狭窄症の治療には様々なものがあります。保存療法や手術、整体、マッサージ、カイロプラクティックなどが一般的です。

これらを行うことで、大抵の方は痛みが緩和され、比較的早く改善することができると思います。ただし、注意して欲しいのが再発です。

脊柱管狭窄症は再発する確率がかなり高く、再発するとその分だけ余計に費用が必要となってきます。もし、手術を行うことになってしまった場合、最悪数百万円のお金が必要となることもありますので、注意しなければなりません。

比較的軽い症状の脊柱管狭窄症であれば、一般的な治療を行えば良いので、そこまでお金がかかることはないでしょう。ただし、油断をしていると、治りが遅くなり無駄に費用がかかるので注意してください。

また、脊柱管狭窄症は私生活などの問題を解決しないと症状が治らないこともあります。脊柱管狭窄症を完治させるには、私生活をしっかりと見直すことがとても大事です。

基本的に脊柱管狭窄症の症状は骨や筋肉の老化によるものが多いです。脊柱管狭窄症を予防、再発を防ぐには、適度に運動を行い、しっかりと筋肉を鍛えることが大事です。

そうすることで、脊柱管狭窄症になりにくい体になります。ただし、一度、脊柱管狭窄症になってしまうと、再発しやすい体になっていますので、しっかりと体を鍛える必要があります。

また、食事のバランスなどもしっかりと考えてください。食事はとても大事で、体に筋力をつけるためにもバランスの良い食事を心がけることが大事になってきます。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら