TOP > 治療方法 > 保存療法

保存療法について


このサイトをご覧頂いている方は、脊柱管狭窄症は高齢者を中心に発症する病気だということはご存じだと思います。

脊柱管狭窄症が主に発症する原因は、加齢により骨の変形や黄色靭帯の肥大化などが起こり、脊椎の中心にある脊柱管という神経の通り道が狭くなることにより、起こることがほとんどです。

脊柱管が狭まることによって、中を通っている神経が常に圧迫されるような状態になり、それが原因で様々な症状を引き起こします。

脊柱管狭窄症はほとんどの場合、保存療法と呼ばれる治療をしていきます。この方法は身体に負担が掛からず、脊柱管狭窄症の再発防止にも効果があることから、様々な腰痛治療に用いられています。

しかし、一部の脊柱管狭窄症患者さんの中には、保存療法を受けたくても受けることができない方がいます。では、いったいなぜ保存療法を受けることが出来ない方がいるのでしょうか。

脊柱管狭窄症の症状の中でも代表的なのが間欠性跛行と呼ばれる症状ですが、これは歩くたびに脚に痛みや痺れが出るようになり、少し休むと痛みや痺れが治まるという特徴があります。

この症状は脊柱管狭窄症の初期症状と言える状態で、この程度の状態であれば、保存療法で確実に改善していくことができます。

またこれ以上、症状が悪化したとしても、神経根と呼ばれる神経の付け根が圧迫されている状態なら、保存療法で改善させていくことができます。

しかし、神経根の奥にある馬尾神経が圧迫されると、保存療法では治療が困難になります。馬尾神経とは色々な神経が束になった場所で、そこが圧迫を受けると、下半身のあらゆる箇所で障害が発生します。

黙っていても痛みが現れるようになり、皮膚にも知覚障害が発生して、触られても何も感じなくなったり、失禁などの排泄障害が現れたりと、日常生活を送ることが難しくなるほどの症状が発生します。

ここまで脊柱管狭窄症の症状が悪化をしてしまうと、保存療法だけでは症状の進行具合に身体の回復が追いつけなくなり、後々まで後遺症が残る可能性まで出てきます。

もし、このような状態まで症状が進んでしまった場合、外科手術を考えなくてはなりません。保存療法を行うには、脊柱管狭窄症の症状が進行していないうちに、治療を開始する必要があります。

特に間欠性跛行は脊柱管狭窄症の特有の症状ではありますが、この病気のことを知らない方は、老化現象と勘違いされがちです。

ですので、自己判断は行わず、異常が出た時はすぐに検査してもらうようにしてください。脊柱管狭窄症を改善するには、1日も早い発見、1日も早い治療が鍵となります。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら