TOP > 治療方法 > ブロック注射

ブロック注射を打ってもイタチごっこです


脊柱管狭窄症の保存療法の中でも効果が高いと言われるのがブロック注射です。鎮痛剤の服用やマッサージや温熱などの理学療法を試行しても効果が出なかったという場合には他の手段として用いられるケースが多いです。

神経の周囲に局所麻酔薬やステロイド系の薬剤を注射することによって、痛みの信号を遮断し、また炎症を抑えることが出来ます。

脊柱管狭窄症になると、神経が圧迫されるため痛みもかなり大きい場合がありますが、圧迫されている、脊柱管の神経の機能自体を抑えます。つまり、脊柱管狭窄症の痛みを遮断してしまうことにより、半分以上の方は効果が現れると言われています。

ブロック注射は脊柱管狭窄症において、根本治療とはいきませんが、脊柱管狭窄症の痛みを消して、リハビリなどをすぐにしたいという場合にはとても効果があるでしょう。

また、一回で効果のある方もいらっしゃれば数回で効き目が出てくる方など様々です。医師とよく相談をして試行する回数を決める必要も出てくるでしょう。

脊柱管狭窄症に用いる主なブロック注射として、硬膜外ブロックと神経根ブロックの2つが上げられます。順番としては、硬膜外ブロックで効果が認められない場合に、次に神経根に対して直接ブロック注射をする方法を取ります。

硬膜外ブロック注射は神経を覆っている硬膜の外側、硬膜外腔というところに局所麻酔薬あるいはステロイド薬を注射することになります。腰の尾てい骨から馬尾の周辺の血管を広げることで、脊柱管狭窄症の炎症を抑えます。

また、神経根ブロック注射では、硬膜外ブロック注射と同じ局所麻酔薬を神経に直接注射し、脊柱管狭窄症の痛みを抑えます。

このことから痛みが大きい場合がありますが、通常は麻酔薬を打ってから注射をします。背中の方から針を入れ、圧迫されている神経根の周りに対して薬剤を注射します。

このことからより、脊柱管狭窄症には効果があるということができます。ブロック注射は自然な治癒力を高める方法です。血行を良くすることで患部に栄養がいきわたり、その結果改善を早めることが出来ると言われています。

しかし、ブロック注射はあくまで一時的なものです。根本療法に繋がらないことだけは頭に入れておくことが大事です。多額な費用をかけても、早い方で1週間程度で脊柱管狭窄症の痛みが再発し、なかなか改善出来ない方は多くいらっしゃいます。

ブロック注射は神経を断ち切り、痛みを抑えているだけのものです。このことを念頭に入れた上で、治療しないと期待外れになってしまうかと思いますので、注意が必要です。

脊柱管狭窄症でお困りの方はこちら