TOP > 治療方法

治療方法

脊柱管狭窄症の改善方法について


人間には様々な部位がありますが、その中の一つに脊柱管と呼ばれる場所があります。この脊柱管と呼ばれる場所の特徴は神経や馬尾といったものが多くあり様々な伝達を行っています。ところが、一定の年齢を過ぎるとこの脊柱管と呼ばれる場所が何らかの原因で狭くなってしまうのです。多くの神経が通っている場所が狭くなってしまえば神経が圧迫され様々な症状が現れます。それが脊柱管狭窄症と呼ばれる病気です。

この脊柱管狭窄症の原因というのは主に加齢だといわれています。では脊柱管狭窄症になってしまったときにはどのようにして症状を改善していけばいいのでしょうか。脊柱管狭窄症には様々な改善方法がありますが、多く使われる方法として主に4つのあります。まず一つが薬を使って脊柱管狭窄症を改善するやり方です。主に血行を良くするものが多く使われます。内服薬はもちろん貼付薬や塗り薬といった様々なものが利用されます。

次に理学療法によって脊柱管狭窄症を改善していくやり方です。これも同じく血行をよくして痛みを減らす方法が取られます。次に装具を使った改善方法です。腰をしっかりと安定させれば脊柱管狭窄症というのは痛みを抑えることができる病気です。そこで、コルセットなどの装具を使って固定をして痛みを改善すしていきます。

そして、最後に神経ブロックを使って脊柱管狭窄症を改善するやり方があります。神経ブロックは最近話題になっているもので、神経に直接注射をすることで、痛みの素になっている場所の炎症を抑えるものです。この神経ブロックは長時間痛みを抑え炎症を改善してくれるので、どうして痛みが辛いという人にとってはお勧めの方法です。このように多くの方法で脊柱管狭窄症というのは改善することが出来るのです。

どの改善法にもいえることは血行が大事ということです。血行を良くする方法は普段の生活でも出来ることがあります。ストレッチ程度でもいいので、運動を行うことです。こういったことをしっかりと行えば、脊柱管狭窄症というのは辛い病気ではなく、症状を改善されることは十分にできる病気なのです。